ねるねと走ろう!?

山形をメインにロードバイクに乗った記録を書いて(描いて)おります。 乗っている自転車は、実はイオンバイクのmomentum iWant2.4 ロードバイクとしては安くて重い方ですが、頑張って山に登ります。

ディレイラーハンガー交換と、タイヤ補修する

 先日の黒伏高原ヒルクライムの下りで、どうもギアがガチャガチャ言うので、
帰って確認してみました。
変速がいまいちで、調整しても重い方から2番目だけ、どうやっても音がするのです。
face002倒した後にディレイラーにも傷が入っていたし、やっぱりやっちゃったか… 
ということで、予備で購入していたディレイラーハンガーと交換しました。
買っておいて良かったです(イオンバイクで注文)。
P_20170813_164449
部屋が散らかっているので画像修正。小さなボルト2本で留まっているだけなので、
気を遣います。
P_20170813_164458
取り外したディレイラーハンガー。うーん、変形している感じはないのですけど…
新しい方は、「44°」という刻印がされているのですが、ちょっと分かりません。
P_20170813_164728

再度ディレイラーを取り付けて、シフトチェンジをしてみます。
face005な、直った!良かった良かった。
ということで、また予備を2個買っております(今度はAmazonで通販)。
こういう時、部品がGIANT製品と互換性があるので助かります。

次に前回サイドカットしたところですが、新品にするか、補修をするか迷いました。
結局補修する方向で、近所の自転車屋、セイリンさんでタイヤ用パッチを購入。
こういうの買う人、あまり居ないでしょうねぇ…
P_20170820_221956
普通のチューブ補修するパッチと違い、繊維が入っていてカットした所が
広がらないようになっております。
シマノから出てますが、中身はマルニ製です。
一緒にイージーパッチも補充のため買っております。

タイヤを外して、と。リムテープが凹んでおります。しまった、買ってなかった。
ということで、前後交換します。前後でニップル位置が異なるため、
凹んでる位置をずらすことが出来ます。
P_20170814_210751

face005同じ事考えている方が他にもいらっしゃったので、ホッとしました。
 タイヤの方は裏側からパッチを、表側からはシューズドクターで覆って完了と
しました。万一を考え、ローテーションがてら、タイヤも前後交換しました。 

空気圧を上げて様子を見てますが、広がったり空気が抜けている感じはなさそうです。 
しばらく様子を見ることにします。

※今回の作業も安全にも関わりますので、一度自転車店で診てもらうことをお勧めします。
※作業は自己責任ということでお願いします。

344-03
こないだヒルクライムに持っていったプレート図案です。

  にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村

黒伏高原ヒルクライム・2017第4戦に参加する

お盆の間は、皆様いかがお過ごしだったでしょうか?
雨ばかりでなかなか自転車に乗れませんでしたが、その合間をぬって、
8/13早朝、東根のジャングル×ジャングルスキー場のふもとで行われた
 「黒伏高原ヒルクライム・2017第4戦」に参加してきました。

スタートは ジャングル×ジャングルスキー場入口T字路で、
ゴールはジャングル×ジャングルスキー場駐車場の「P5」です。

 このレース、とても良いポイントに「申し込み不要、参加費無料」という点があり、
ツイッターされている方から情報を貰ったのがその2日前。
急遽参加することにしました。

しかし、東根はちょっと遠かったですね。5時前に出て、到着は6時半位。
着いた時にはもう既に何人か来られてました。
天気は見ての通り、どんよりでしたが、中止にはなりませんでした。
P_20170813_063008
P_20170813_063013
P_20170813_063016

時間もあまりなかったので、準備もそこそこに、スタート地点に向かいます。
自走で来られた方も多いようで、既に大勢の方が来られてました。
P_20170813_070338
 P_20170813_070339
P_20170813_070341
face005み、みんな速そう…また持病の腹痛が…
face008ここまで来て帰ったりしないよね?
スタート開始まで時間はわずかでしたが、ツイッターでフォローしたばかりの
「提督さん」に挨拶をして、スタートの列に並びます。

このヒルクライムは、ヨーイドンでスタートし、ゴールはビデオ撮影だそうで、
前の方に位置していたほうが有利ではありますが、多分抜かされまくるのと、
初めてなので、最後尾に付きました。しばらくは様子を見ることにします。

スタートすると、やはり圧倒的に速い方で先頭集団が出来て、すぐに見えなくなります。
私はゆっくりと第二集団に居て様子を見てましたが、 一人抜け出したので、
その後に付いていくことにします。

コースとしては、ずっと緩やかな登り基調で、平坦なところは少ないので休めません。
また、カーブが少ないのでその点でも厳しく、「あー休みたい」と思いながら登ってました
(スミマセン)

途中で2人に抜かされた後は、ずっとバラけて一人旅の状態でした。まぁマイペースで
登れるから気は楽か…
時々後ろを振り返りながら、追いつかれないように頑張って登ります。

今回はサイコンは距離計表示にして走ってましたが、ゴール地点の「P5」が
なかなか見えてきません。
345-01
P7、P6と来たら、やっぱりP5が次に来ると思うでしょう?
思いっきり引っかかりました!結構その先もあって、やられた感じでしたが、
同じく初挑戦だった提督さんもハマったとのことでしたので、
私だけではないのにホッとしました。
P_20170813_074904
ということで、無事ゴールしました。
順位、タイムはさておいて、こういうレースも楽しかったですね。
周りはまだ知った方が殆ど居なかったので、まだあまりしゃべれなかったです。

その分、下りではちょっと止まって写真を撮ってたりしました。
P_20170813_081333-1
P_20170813_081336
P_20170813_081338

でも、何かチェーンがカチャンカチャン言うんですよね。
スタート前に自転車倒しちゃったせいか。

あと、自転車を車に載せるときに気づいたのですが、
P_20170813_091536-1
face002サイドカットしてる…

今回走ったのはこんなコースでした。
https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=9b686697ac132988d6469b13f4bafacb

ODO:5999km
  にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村

朝練:十分一山と、鳩峰峠に登る

ロードバイクのメンテもようやく終わり、久しぶりの朝練のお誘いに乗って、
十分一山と、今回初挑戦の鳩峰峠に行ってきました。
時間があまりなかったので、車でまずは十分一山に(ズルイ)。
今日一緒に走るHiroさんは、車とほぼ変わらない時間でふもとまで到着(速い!)。
今日も頑張って登りましょう!
P_20170730_055332
とは言ったものの、車でここまで来て、身体も硬いまま上ると、あっという間に
キツさが襲ってきます。ちょ、ちょっとペース落とそう…
しばらくえっちらおっちら登っていると、ようやく脚も回るようになってきて、
エンジンも掛かってきます。スロースターターなもので。
ふもとまで車で来て登るのも、やっぱりダメなんですね。
とりあえず頂上まではなんとか。でもやっぱりインナーロー使ってしまいました。
P_20170730_062153

まだ早い時間なので、誰も飛んでませんでした。頂上の眺めをこわごわ堪能します。
P_20170730_062523
景色は良いですが、ここより先には行けません。

ま、まだ時間もあることですし、鳩峰峠に行きたいです!
ということで、私はまた車、Hiroさんはまた自走で高畠中央公園に待ち合わせ、
鳩峰峠に登ります。今日は楽ばっかりですね。
今回スマホアプリ、「Strava」を使っているので、以前にどんな方々がどんなタイムで
登られていたか、あらかじめ分かっておりました。
よし、目標30分切り!(無理無理)
343-01
それにしてもこの鳩峰峠、比較的傾斜は緩く、メリハリと九十九折れが多くて、
登るのは楽しいです。地元の自転車乗りの方には定番コースのようで。

しかも今は、頂上から先は通行止めなので、車は殆ど通りません。自転車天国のようです。
絵の通り「ここはギアを落とすべきか、そのまま行くか」
「カーブの外側を走るか、それとも内側を行くか」
※対向車には注意して、中央は超えないようにしましょう
等、考えながら走ることが出来ます。大抵裏目に出るのですが。

頂上に近づくと気温も下がり、霧と霧雨が降ってきます。さすが山の天気です。
P_20170730_081320
 晴れていると良い景色らしいのですが、もう真っ白。
P_20170730_081323
P_20170730_081331
頂上から先は、本当に通行止めになっています。
こんな天気に登る物好きは、そんなに居ないだろうと思ってましたが、
続々と自転車乗りの方が現れます。みんな好きね…
P_20170730_081329
ひとまず頂上で記念写真を撮って、Stravaの記録を見てみます。
だ、大分頑張りましたが、30分は厳しいですね。

そういえば、佐賀に居たときも似たようなコースがあって、
https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=205b610c597363a03a3073e1e2c9745f
そこでも30分切るようなことやってました。
http://nerune.blog.jp/archives/7458677.html
コースのイメージは、結構似た感じです。あっちも一箇所除いて傾斜が緩く、九十九折れが楽しい感じでした。

ここは、またタイムを短縮するために挑戦に来たいです。
今度は十分一山よりも先に鳩峰峠に挑戦するということで。
あ、下りは皆さん先に降りてもらって、ゆるゆると降りました。転ぶの怖いんで。
通ったコースはこちら(鳩峰峠)。
https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=62ca3d7f4c6235567ba81a38c1bd6c0b
ODO:5977km

  にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村
月別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: