ねるねと走ろう!?

山形をメインにロードバイクに乗った記録を書いて(描いて)おります。 乗っている自転車は、イオンバイクのモーメンタム momentum iWant2.4 冬場はスキーもやってます。

手組みホイールが欲しい

ホイールの手組みが気になっていて、リム部が軽いものが良いのではないかと思い、 
タキザワサイクル、パックスサイクル、のむラボ日記、サイクルメンテナンスと夜な夜な見てたりしますが、 
いかがお過ごしでしょうか。

WH-R501-30も良いのですが、登りがつらいのと、街中ではゴーストップが多いのと、 
下りでスピードが出すぎてしまうのがちょっと怖くて、やっぱりリムは軽いほうが良いのかな、 
と思うようになりました。

ネックはスポーク長の計算かと思うのですが、これをやらかしても大丈夫なように、 
ネジ切り機(ダイスでは駄目なんですね)を買おうかな、とか思ったりもしております。 
それか、最初は組んでもらうか(タキザワサイクルは、組んでもらう費用が安いようで。)・・・

希望は、安くてそれなりに軽くて、耐久性があって25Cが履けて、カップアンドコーンでという点ですが、 
リム:キンリン XR-19W 32H 
ハブ:シマノ CLARISか、SORAか、TIAGRAのハブ前後(実はどれも一緒!?) 
スポーク:首折れがしにくいメーカーのステンレス製2.0mmストレートか、2.0-1.8mmバテッド 
ニップル:スポーク付属の真鍮で 
組み方:前後ともイタリアン6本組み 
この辺りで1500~1600g位が出来れば、御の字なのですが・・・キビシイかな。

と妄想をしておりました。妄想は膨らむばかりです。
00031
 face008人間の欲はきりがないもので。

にほんブログ村 自転車ブログへポチっとしてくださると嬉しいです。

背振山に登る

午後から、かねてから行ってみたかった背振山を登ってみました。 
山頂まで7kmとなったところから、500m毎に表示がされていたのですが、 
なかなかたどり着かず、頂上付近は霧も出ていてつらかったです。 
今回もゆっくりを心がけたので、足は付かずに登れました。 
00029

00028
DSC_0129

山頂の駐車場には自転車で登った方が一人いて、少し話した後、自分は自転車を降りて 
そこから300mあるという山頂まで徒歩で登ってきました。 
00030
寒いなぁと思ったら、山頂の気温は9℃。下界とは全然違いました。

DSC_0126
とりあえずの目標が達成でき、しんどかったですが満足度が高かったです。

コースは下記の通りです。 
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch…

ODO:2984km
 

にほんブログ村 自転車ブログへポチっとしてくださると嬉しいです。

九千部山に登る

午後から時間が取れたので、九千部山に登ってみました。 
時間がないのを言い訳に、ちょっとズルして河内ダムまで車載、そこからのスタートでした。 
南(裏)九千部山のルートになるのでしょうか。

途中そんなに勾配もキツくないのに、えらく疲れるわ、頭痛くなるわで「前日睡眠不足が悪かったのか、 
ふもとでこれだけキツいのかー。山に入ったらどれだけ・・・(何か前回と同パターン!?)」 
と思ってたのですが、しばらくすると後輪から不定期に「ホー。ホー。」という音が。 
「まだ昼なのにフクロウか(最初本当にそう思ってました)・・・いや、ちがーう!後輪にブレーキが擦ってる!」 
前日ブレーキの当たりを調節して、ワイヤーの伸びを取ってたのですが、遊びが少な過ぎでした。 
単にブレーキシューの片効き状態だったので、調節して登り再開。少し楽になりました。

その後は北ルートと合流する道を過ぎ、ゆっくりでしたが足は付かずに登れました。 
でもこの山は、本当はタイムを競う山なのか・・・・みんなスゴイ。
00027
 頂上にある見晴らし台の上からの眺め
 DSC_0112
DSC_0115
DSC_0116
face001帰りは開通した九千部山横断線を車で通って、吉野ヶ里から帰りました。
九千部山横断道路を
 自転車で行かなくて良かった。車でも1時間はゆうに掛かっでたので、
日の入りに間に合わなかった
 だろうと思いました。あ、でも勝尾大橋からの景色は良かったです。

ODO:2967km
にほんブログ村 自転車ブログへポチっとしてくださると嬉しいです。

月別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: