ママチャリにつけているペダル、VP-992の二度目のグリスアップをしました。
元々は買ったロードの方に付属のものでしたが、付け替えて余らせていたので、
通勤用にしたときにつけておりました。
しばらく使っていたので、砂が入ってジャリジャリになっていたのが気に入らなくて、
二度目のメンテナンスです。

買った当時からわずかばかりの軽量化のために、反射板は外して
反射シールにしているのが泣かせます。
 P_20161006_223300

clip_2
まずは横のプラスネジを全て外します。

clip_1
そして、軸の横のプラスチックのキャップを外すと、ナット(写真右)が見えてきます。
外すと供回りを防ぐワッシャ(写真左)があり、それを外すと内側の玉押し(写真中央)が見えてきます。
(これは拭いたあとです)

clip_3
ボールも外します。一箇所に13個入ってました。
(これは拭いたあとです)

clip_4
 ピントが合ってなくて、グリス切れはしてないですが、きったなーい。
一旦全部ボロきれでふき取ります。

P_20161001_141901-1
ボール、シャフト、他の部品もふき取ってきれいにします。
必要なときはパーツクリーナーを使った方が良いと思います。
face005ふぅ。やっときれいになった。
face001でもここからが難しいです。グリスをたっぷり塗り、
反対側のペダルの回転具合を確かめつつ、同じ位のスムーズさに
なるように(お好みで少し軽くなるように)ナットを締めていきます。
玉押しはソケットレンチも入らないので、細めのラジオペンチか、
ピンセットで締めています。結構軽くしても、外側のネジを締めたらゴリゴリになりますね。
274-01
ま、まぁそんな感じで出来上がり。うまいこと決まると気持ちが良いですね。
face008あんた絶対おかしいやろう・・・
外れないように注意して、試しに乗ってみます(前回の記事に戻る)

  にほんブログ村 自転車ブログへポチっとしてくださると嬉しいです。