脚は微妙に痛かったのですが、下りですのでひとまず楽々!
下りながら写真を撮っていきます。あちこちに雪が見え、
夏の頃からは景色がかなり変わりましたね。
P_20170502_121348
P_20170502_121356
七曲りも、道路でない所は雪がまだ積もってます。遠くに桧原湖が。
 
しかし平坦なところまで行くと、疲れが出てきます。
とても前で引くことが出来ませんでした。
やっぱり行きで無理したのか悪かったか…

最初は威勢良く「猪苗代湖まで行きましょう」なんて言ってましたが、
ちょっとギブアップで、桧原湖一周とさせてもらいました。
P_20170502_130546
Hiroさんは以前参加した「時空の路ヒルクライムin会津」
(http://www.minyu-net.com/event/sports/hillclimb/)
の時に食べた、ソースカツ丼の味が忘れられず、また食べたいと言われていたので、
私も気になって食べることにしました。
face011お腹もすいていたので、やっぱり大盛り!
P_20170502_131827
空腹と、疲れた身体に補給。少し体力回復です。
その後も桧原湖をぐるっと周ります。結構アップダウンがあるんですね。

P_20170502_141734
道の駅 裏磐梯で休憩します。ここはバイクスタンドがあります。
甘いもの大好き。イチゴミックスにしました。

その後桧原湖をもう半周し、スカイバレーが見えるところで撮影。
P_20170502_145208
そろそろ帰りの時間が気になってきます。九州では経験がなかったのですが、
こちらでは、峠は夜間通行規制があって、スカイバレーも17:00で夜間閉鎖に
なってしまいます。

通れなかったら大峠(国道121号線)経由で帰ろうとしておりましたが、
この時間ならまだスカイバレー経由の方が良いという判断になりました。
大峠は距離的にはすごく遠回りで、ここから80kmの行程になるようです。
しかもトンネルがちょっと怖いかな…と思いました。
P_20170502_151615
 ふもとのところで15:15。まだ大丈夫と思ったのですが…

326-01
脚の消耗に加え、ちょっとハンガーノックの状態になり、ペダルが全然回りません。
脚を着くまでにはならないのですが、ペースがどんどん落ちてしまいます。
このままでは17:00にはゲートを通れない!焦りが出てしまいます。
去年はここを歩いたので、今年は歩きたくない!と思い、歯を食いしばります。

こういった時もHiroさんは淡々と登ります。きつそうではありますが、
七曲りに差し掛かったところから、差がついてきます。やっぱりすごいなぁ…
 
もう少しで坂が終わる、という時に一つ思い出しました。
そういえば、 キツイときに一旦フラットペダル面に戻したら、もう少し登れたんだった。
遅い速度ながら、両足をペダルからパキンパキンと外し、フラット面で漕いでみます。
あ、やっぱり少し回せる。ということはクリートの位置が合ってないのかな…

Hiroさんから遅れること10数分、ようやく再び頂上に到着。
さすがにきつかった…しかし、今回は脚を着かなかったですよ…
何とか17:00にも間に合いそうで、Hiroさんからようかんを貰いました。
疲れた身体にしみわたります。
face005Hiroさんありがとうございます!
やっぱり補給は大事!
P_20170502_163546
P_20170502_163552
あとは下りです。体感温度は一桁で足先がジンジンしつつも、ゆっくりと坂を下ります。
それでもゲート到着はあっという間。16:50に白布温泉上のゲートを通過出来ました。

ということで、なんとかスカイバレー越えと桧原湖一周で帰ってきました。
今回は課題が残りました。
1)登りでフラフラして、無駄が多い
2)ポジションが合ってないかもしれない
3)補給のタイミング
4)(以前からでしたが)70kmを越えた後の走り方

これからの練習時も考える必要がありますね。
通ったコースは以下の通りです。距離は105kmでした。
https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=62cafb112c71a42766861a9b0dc52ea8
ODO:5430km
にほんブログ村 自転車ブログへポチっとしてくださると嬉しいです。