ツール・ド・さくらんぼが終わって一息入れたいのですが、
目の前にある泥だらけの自転車を掃除しないとなりません。
重い腰を上げて、掃除をしていきます。

あ、そうだ、そろそろヘッドパーツを掃除しなくちゃ…
前回掃除してからもう1年は経ったので 、またドロドロになってるだろうし。
実はこの部分、今回で掃除は3度目になるのですが、まだ記事にしていなかったので
今回は写真を撮りつつ作業をしてみます。
※今回の作業は安全にも関わりますので、一度自転車屋で診てもらうことをお勧めします。
 作業は自己責任ということでお願いします。

 P_20170613_232211
まずはハンドルを外してしまいます。前側の4本のボルトを緩めると外れるのですが、
自転車を倒しておくか、外れたハンドルが落ちないように紐か何かで留めておきます。
私はご覧の通り、随分短くて角度の付いたステムを使ってます。

P_20170613_232608
ステムを緩め、 外します。スペーサーと、三角の大きなスペーサー、
C型になっているリング(写真では銀色で映っている部品)を外します。

P_20170613_232858
多分自転車によって違うと思うのですが、プラスチックのリングが
入っているので、精密ドライバーを使って割らないように慎重に外します。
結構緊張。ふぅ。取れた。
P_20170613_233021-1
P_20170613_233157-1
外すと、こんなパーツ(上玉押し)とベアリングが取れるようになります。

P_20170613_233223
パーツクリーナーを使って、掃除しました。
上側はサビもなく、汚れもひどくなかったです。 
P_20170613_233829
続いて下側。こっちはちょっと汚そう。
上側と同じようにプラスチックのリングを慎重に外し、
玉押しとベアリングを外します。
P_20170613_234706
「VP MODUS 25.4×45°」と書いているように見えます。

P_20170613_234850
こっちはちょっと汚いかなぁ。サビはなさそう。パーツクリーナーを吹いて清掃。
P_20170614_000806
本体側も清掃、グリスを塗っておきます。
P_20170614_000751
フォーク側の玉押しも外し、清掃してグリスアップ。
こっちはまず、カッターの歯を使って、ちょっとずつ緩め、外します。
P_20170614_000013
下側部品4個。全部パーツクリーナーを使って清掃。
右上:プラスチックのリング
左上:玉押し(ヘッドパーツ側)
右下:ベアリング
左下:玉押し(フォーク側) 

 あとは、分解した順序を逆にたどって、組んでいきます。
今回もステムを元の長さに戻せなかったなぁ。
まだこのアップライトなポジションが気に入ってしまってます。

あ、そうそう。twitterのアイコンが丸くなってしまったので、
それに合わせて絵描いてみました。イメージは「トムとジェリー」の
冒頭、ライオンが「がおー」、トムが「ニャーオ」というところ。
(今頃子供がハマってまして。)
334-01



  にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。