今年初のヒルクライムレース、時空の路ヒルクライムに参加してきました。
公式ページはこちら。「会津美里町ポータルサイト・ミサトノ.jp」 
場所はこういったところです。


猪苗代湖の近く、ゴールより先に行くと、大内宿という名所があるところです。
距離は14km、高低差574m、斜度平均4%を登るのです。
と書いてると、「結構大したことないじゃん」と思われる方もいらっしゃると思いますが…
最初の3kmは平坦。ここでは40kmを超える速度を出す方もいる、高速コースがあり、
そしてその平坦があるということは、その分勾配が厳しくなるという。

今回参加は、いつものメンバーからKさん、STさん、そして私の3人でした。
Kさんは一度参加したことがあるので、私とSTさんから質問攻めにあっております。 
平坦区間を飛ばすべきか、それとも山に入るまで温存するか。結論は出ませんでした…

それはさておき、朝4時に道の駅田沢に集合、会場に向かいます。
米沢からは1時間とちょっとで到着します。となりの本郷中学に駐車。
この時間が5時半。気温は11度。ちょっと寒い位でした。
P_20180520_052604
P_20180520_052613
まだ5台位しか来てませんでした。

ぼちぼち着替えて、受け付け時間6時を待ちます。
face023フッフッフ…私も学習するんですよ…
今回ジャージを初めて用意してきました。これまではTシャツばかりでして。
P_20180524_005520
先日、「短期決戦!県民の森とそうならなかった蔵王に登る。」のときにもらってきました。
なんでも貰い物で、小さくてサイズが合わなかったそうなのですが、私のように
貧弱な上半身ならピッタリです。おくやまさん、ありがとうございます。今回はこれで頑張ります!
受付を済まし、荷物預かりと開会式までちょっと時間があったので、白鳳山に登ります。





face020ヒルクライム前に、良い登り…
みんなはガンガン登ってます。Kさんもバロックギアが快調のようですが、
私は体力温存第一のため、ゆっくりゆっくり登ります。ウォームアップには十分過ぎではないでしょうか。
clip_4
反対側からのコースは、stravaのセグメント(コース)にもなっているようですね。
P_20180520_072425
さて会場に戻って一息。テントも設営されて、人も増えてきて盛り上がってまいりました。
そのまえに、トイレ、トイレ…
P_20180520_081350
STさんとゼッケンを見比べると、年齢が同じクラスだったので、同じグループはわかるのですが、
番号が連番!こ、これはピンチ。蔵王ヒルクライムの悪夢がよみがえります。
やばい、ドキドキしてきた。平坦飛ばすべきか、温存すべきか。

ここで私は一計を案じます(前日から考えてました)。単独行では速度30km/hがいいとこなので、
それ以上(出しても35km/h)は出さないようにセーブしつつ、
置いてかれないようにするという作戦で行きます。というのは、みんなには黙っておきます。

本当は、STさんより1秒でも良いから後からスタートして、ゴールで並ぶという
セコい作戦も考えてましたが、 
face015はるかぜさんの方が番号若いんだから、先に並んでくださいよ

とあっさり却下されてしまいます。ぐぬぬ…作戦失敗。
あと、stravaでフォローしてもらった「hiro ishi」さんが見つけてくださり、挨拶も出来ました。
今日は頑張りましょう!って、速そう…

さて、緊張するもなかなか始まらないのでもどかしいです。来賓の挨拶が終わり、
カウントダウンが始まりました。カウントダウン、電話の時報の音を使うんですね。
チャンピオンクラス、若い方のクラスから順にスタートします。ドキドキ…
face023し、しまった書き過ぎた。(2)に続く!
 face021一回で終わらないんかい!!

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村