face020ということでスタートしてしまったツール・ド・さくらんぼですが、
去年と一番違うのは、グランフォンドコースのためコースの序盤に葉山という所を
登ることになります。下の画像で、コースの起伏がある所、
大きく凸になっている部分がそれです。
clip_1クリックすると拡大します。

ここがキツイのです。距離6.8km斜度平均7%、ふもとからだと14.4km斜度平均5%
を登るという、ヒルクライムレースのコース+120kmのロングライド
(実際にヒルクライムレースもあってます)を走るということになります。
今回この葉山に燃えている人が、グループの中に何人居るのか。

clip_3
いちおう牽制ににもならない牽制をかけておりましたが、結構ドキドキしておりました。

慈恩寺エイドの前にもちょっとした登りがあるのですが、脚温存、脚温存…
昨年通った三重の塔の横を通り、下っていくと最初のエイド、慈恩寺エイドに到着します。
ペースがちょうど団長さんと、牧野ステテコさんと同じだったので、写真を撮らせてもらいました!
団長さんの方は、みんなと撮りました。
P_20180609_065917-1
生ステテコさんだ!

その後いつものように首から下げるお守りと、エイド食を貰います。
P_20180609_070308
玉こんにゃく(本当は3個あります。食べちゃった…)と翡翠しるこ、それから豆腐のアイス…かな?
甘みがなく、意外な味でした。

ここでまた山形激坂緩走会の方々にも会いますが、挨拶もそこそこにエイドを後にします。
みんな、まって~!

さて、少し走るといよいよ葉山の入り口に近づいてきます。
場所はこういうところになります。

この場所から右(地図上では北の方向)に折れて、長い長い登りを行くのです。
face008ほんとみんなよくやるよ…
と、ここで既にSTさんは先行します。速い、速いよ…
葉山入り口までのダラダラ登りも、結構いやらしいんですよね。
「もうそろそろ入り口、いや、まだ先だった」というのを何回か繰り返したら、
ようやく葉山の登り入り口に辿り着きます。この辺りです。
   

昨年雨だった時は、こんな感じでしたね。入り口までしか行けませんでした。
P_20170610_144320
と、ここでSAさんもペースが上がります。ま、マジすか!?
ど、どうしようかな…まだ全然ペースが掴めない中、先行した二人からは離されない様に
登ります。既にSTさんは見えない状態でした。

それにしても延々続くこの坂、やはり押し歩きする方が続出するのも分かります。
曇り空で、あまり暑くなかったのは幸いでした。

face023このまま上ハンドルで登ると、離されてしまう…
きついけど、またあれをやるか…
私は×0歳なのですが、相変わらず中二病が治らないので必殺技ばかり考えてまして。
蔵王ヒルクライム(こっちに絵はあります)、時空の路ヒルクライムでも使っていた
「下ハンクライミング」に切り替えます。
これに加え、ちょっと白石城まで行ってくる(全然ちょっとじゃなかった)で使った
「低ケイデンスクライミング(多用注意)」、
さらに今回朝練の時に編み出した「プチダンシング(多用注意)」を織り交ぜ、
登っていきます。
face008こんなこと書いてたら、絶対後でイタくなって消すって…
幸い頂上までの距離が途中途中に書いてあるので、ある程度ペースは分かるのですが
それでも長い長い。

そのうち、左後方から「こんちわ!」の声が。夢中で登っているときには気づかなかったのですが、
見覚えのあるMASIのクロモリの自転車が。チャリゾウの店長さんです。
置賜一周を走る シリーズでは、どの峠でも置いてかれた豪脚の持ち主。昨年あった
スカイバレーヒルクライムでもクラス1?位だったそうで。
ペースが全然落ちない走りに、最初は置いてかれそうになるも、勾配が少し落ちたところで
ギアを2枚落として必死ですがりつきます。
さらにはSAさんがまた「千切れませんよ~フフフ」とプレッシャーを掛けてきます。
ちょっと前から捕らえてたそうで。
face020ひ、ひえ~
P_20180609_082412-1
そんなこんなでようやくゴール(葉山エイド)。た、助かった…

P_20180609_082359-1
いやー。つっかれましたね~。
終わってみると、1:30の間に三人が。STさんなんか仕事で寝てなかったのに。
体調万全だったら、置いてかれてたのか…

Hiroさんは、そんな後先考えない坂バカには付き合わず、
ゆっくり写真を撮りながらのクライミング。さすがクレバーな選択(オールラウンダー)です。
しかし程なく合流してたので、トータルではこれが一番速いのか…
face008あんたはその後しばらくゾンビコバンザメだったね
P_20180609_082355
エイドのメニューはこんな感じ。も、もっと食べたい…

P_20180609_082407-1

P_20180609_083941-1

P_20180609_083939-1
エイドの周りはこんな感じ。着いた途端に大雨だったので、ちょっと焦りました。
すぐ止んでホッ。docomoカーが来ていたのは、ありがたかったですね。

その後はみんなでユルユルと下ります。結構な勾配でしたので、手がだるくなります。
それでもカーブごとに立っている方が居て、減速を呼びかけたり、崖側には
ネットがしてあったりと、安全の気配りがされています。
自転車ではあっという間ですが、本当にありがたい事です。 

その後は水沢エイドまで、下りであっという間。
途中でショートグランフォンドの方々と合流したので、段々人が増えてきます。
P_20180609_094257
水沢エイドでのメニュー。と、ここでKさん夫妻と合流!ちょうど良いタイミングで
休憩が出来ました。
Kさんの奥さんは今回初めてのイベント。それなのに110kmとかすご過ぎなんですけど。
さすが元ランナー。基礎が出来てます。私は最初は100km走れなかったなぁ…

ここでKさん夫婦は追いつかれるから、と先にエイドを出ます。
私たちもトイレをして(これが長蛇の列!)エイドを出ます。
次は月山ダムに向かいます。

にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村