ねるねと走ろう!?

山形をメインにロードバイクに乗った記録を書いて(描いて)おります。 乗っている自転車は、実はイオンバイクのmomentum iWant2.4 ロードバイクとしては安くて重い方ですが、頑張って山に登ります。

ロードバイク

十分一山(南陽スカイパーク)に登る!(1)

蔵王ヒルクライムがそろそろ・・・あ、この出だしは前にも使いましたのでナシ。
朝練を今週もやってみました。

FUNRIDEの記事「みちのくおとぎ街道ライドでご当地麺を食べつくせ!【前編】」
(http://funride.jp/pr/gurumen01/) で、近くの十分一山(南陽スカイパーク)が書かれており、
しかも20%越えの激坂との事。

これはまたネタのために行ってみないと!と思い、twitterてつぶやいたところ、
「山形激坂緩走会」の方も週末登られるという事で、御一緒させてもらいました。

「豪脚」だの「置いてかれる」だの色々言われておりましたが、
私は試験勉強の前の日の「勉強してないよー」という類のブラフと思ってましたので、
どんな方が来られるか、ドキドキしてました。
と、とりあえず置いてけぼりになって、ガッカリさせないようにしなくては・・・

まずは新入りは一番乗りで集合場所に。この日は消防隊の訓練で、朝早くから
コンビニの駐車場には大勢集まっていました。お疲れ様です!訓練頑張って下さい!
 P_20170423_044930

普段はなかなか見られない日の出の瞬間もパチリ。
P_20170423_050759
実は前日興奮してあまり寝てなかったりして。結構寒いです。ブルブル。
face008遠足前日の小学生かいな・・・

そうこうしているうちに、一緒に走ってくださる方の一人、なおえもんさん登場。
どうも話題にギャップがなかったので、もしやと思ってましたが、ほぼ同い年ということが判明。
ANCHOR大好き、ピンク大好き、そして足もピンクの靴下(シューズカバー)とお茶目です。
320-01
 しばらく一緒に走り(というか、前を走ってもらい、楽々・・・)、
第二の集合場所に移動します。
そこでD5さんと、ら•るーさんと集合し、いよいよ第一目標、南陽ハイジアパークに向かいます。
(お二人の紹介は、次回以降の予定。お楽しみに!)
P_20170423_062551
記念写真を撮っていると、なおえもんさんと、ら・るーさんはもう先に。えーん!待ってよー!

ということで、D5さんと二人で追いかけます。ここも結構な斜度あるのですが、
まぁこんなものかな・・・って、
face012えー!?ここアウター縛りなの!?
 
D5さん曰く、「こういう所をアウターで登っておくと、あと本番の時に楽って感じるから」
とのことでした。
佐賀でもやってる人見てたので(自分は出来なかったですが)、
まぁそういう練習もあるのかとは思ってましたが・・・

ま、まぁ私もアウターで登りますけど・・・(実はここでだいぶ足消耗してたりして)
ということでエッチラオッチラ登っているところに、イラストの「バビューン!」ですよ。
face012えー!?この坂で、アウターで、その速度が出る!?
いやもう、何も信じられません。後の事を考えないで追いかけます。
しかし出遅れてしまっては、そうそう追いつけるものではありません。
「坂苦手」ってウソでしょう・・・
P_20170423_063526
ということで、ちょっと下りの広くなったところでパチリ。白竜湖が良く見えます。
でもメインディッシュはここじゃないんですけどね・・・
 
 坂を下って、国道13号線を横切り、十分一山(南陽スカイパーク)入り口に向かいます。
この山、激坂を制するのは誰か!?
P_20170423_064255
 次回に続く!

face009写真撮ってる場合じゃないと思うけど?
  にほんブログ村 自転車ブログへポチッとして下さると嬉しいです。

SPDシューズの補修(その2)、PD-A530玉押し調整

今回はSPDシューズの補修の続きと、PD-A530の踏み面改善、玉押し調整の話です。
※今回は特に補修の厳しい部分があるので、いつもながら自己責任にてお願いします。

SPDシューズの補修の続きで、「点で踏んでいる」という感覚のSPDペダル、
PD-A530の踏み面を、1平方cmでも広く出来ないかとあがいてみました。
 P_20170420_143554
まずはこんな感じ。PD-A530のクリート外側、無改造ですと外側は1cm角の
金属の出っ張りがシューズに当たる程度しかないため、凹んだところを埋めるように
前回紹介したシューズドクターNでならしていきます。
失敗はゆるされないので、少しずつ盛ってはならし、を繰り返します。
ま、まぁ盛り過ぎたらカッターで削れば良いかな・・・

今度は、シューズ側も盛っていきます。本来クリートとソールの隙間になっている場所ですが、
ペダルの金属部分、および当たり面を広げた箇所に、面で当たるようにこちらも埋めていきます。
P_20170420_143622
クリートを回り込むように、ギリギリまでシューズドクターを盛っていきます。
 P_20170324_233034
ノーマルがこうだったので、クリート外側はだいぶ埋まってますね。
P_20170420_143634
反対側もこんな感じ。ペダル側もシューズ側も、盛り過ぎるとクリートが
はまらなくなるので、試行錯誤を繰り返します。
P_20170420_215316
結果はこんな感じ。前回の御成山クライムの時でも、点で踏んでいる感じから、
少しは面で踏んでいる感じになりました。
一週間位すると結構硬くはなるのですが、耐久性がどの位か、
今後見ていく必要があります。

また、少し軸にガタが出ていたペダル(PD-A530)の玉押し調整も行います。
ペダル軸外し治具(TL-PD40)を使って、ペダル軸を外していきます。
モンキーも持っていたのですが、幅が2mm程足りず、プライヤーを使って外しました。
おかげで治具は傷だらけ。
P_20170407_201525

事前の調査で、ボールが非常に小さく、なくしやすいとの事なので、
念のためトレーと、ボロ布を敷いて作業を行います。
 P_20170407_201544
ペダル軸を外した状態。グリスは一旦全部拭き取って、手持ちの
ウレアグリスを詰めていきます。

ダブルナットを外さないとならないのですが、ケチなので出来るだけ100均の工具を使って、
そうでないものはアストロプロダクツ頼りです。
P_20170407_201618
7mmは左のソケットレンチ、10mmは真ん中の薄型スパナ、15mmはアストロの15mmレンチを
使いました。真ん中の薄型スパナがヤワなので注意して使いました。
P_20170407_203104
 玉押し調整は、ホイールのときと同様、ペダル軸を立てた状態で15mmのレンチを足で押さえ、
10mmと7mmを両手で持って、慎重に締めていきます。
中古のためか、玉押しをスルスルにすると、クランクにはめた時にガタが出てしまうので、
少しコリコリする程度に締めました。今回この調整が難しく、クランクにはめてからガタをみて、
また外して調整して・・・を繰り返したのでかなり時間が掛かりました。治具も傷だらけ。

まぁでも一応、ガタもなくなったし、ペダルを回すと決まった場所で止まるので、
クリートキャッチは大丈夫かな?
319-01

  にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。

朝練でまた御成山へ行く

蔵王ヒルクライムがそろそろ近くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。
日曜日に朝練をしようとお声が掛かり、早朝家族が寝ている時間にむっくり起きだして、
ロードを引っ張り出してきました。

今回は久しぶりに人と一緒に走れるのと、ビンディングシューズの補修
http://nerune.blog.jp/archives/19846149.html
とペダルの踏み面改善(次回レポートします)の効果を試す事が目的です。

ということで、家を朝5:00に出て、自転車道路を通り、待ち合わせ場所の高畠ワイナリーまで急ぎます。
P_20170416_052421
 早朝の自転車道路はまだちょっと寒いですが、日の出の景色とあいまって、走るのはすごく良い気持ち!
ちょっと向かい風ですが、頑張って走ります。

何とか時間前に高畠ワイナリーへ到着。揃うまで休憩です。
P_20170416_055309
 P_20170416_055318
今日はツール・ド・ラ・フランスの時に一緒に走った、Hiroさんと走ります。
http://nerune.blog.jp/archives/13171696.html
今年会うのは初めてです。Hiroさんは、私の御成山レポートを見てちょっと登ってみたかったらしく、
 まずは御成山に向かうことにしました。
しゃべりながら走ると、あっという間に到着です。登る前に記念写真。
P_20170416_070159
 
こ、こっちの方が良い感じかな?(早く登れ!) 
P_20170416_070215
 さっそく二人で登りますが、Hiroさん、早い、早いよ!
私の思っていたペースよりずっと速かったので、ちょっと置いてかれそうになりながら、
ついていきます。でも勾配はこれからなんですけどね・・・

ここは一度登ったことがある私に一日の長があるので、勾配の、厳しいところで
一気に、追い、つき、そして・・・
face012あ、あれ?この胸にこみ上げるものはなんでしょう ・・・
もしかしてさっき補給のために食べたパンか!?ウップ。
face009普通に朝食もどんぶり飯を食べて来ているので、
補給は不要です。
要は食べ過ぎってことかな?
318-01
追いかけようとしてペースを上げるも、これ以上ケイデンスを上げるとリバースが。
食べた後にヒルクライムはするもんではないですね。いや、登る直前に食べるのが悪いのか。
face007普通に食べ過ぎです
Hiroさんは逆に朝食前に16%の坂を登っているので、それはそれでキツそうでした。
P_20170416_071419
ということで、なんとかゴール。しばらく第二展望台で休憩して、
そこで軽キャンパーで泊まっていた人と少し話してから、前回雪のあったところまで登りました。

結構雪は後退していましたが、やはり砂利道なので先には進めず、下って小野川温泉まで
行ってみることにしました。ちょっと行くと足湯があるらしいので、そこに行ってみました。
P_20170416_081938
足湯に浸かると、疲労回復も早いので、おもむろに浸かってみましたが・・・
上のイラストの通り、メチャメチャ熱いのです。とても入れない!
周りを見回すと、「熱いときはバルブを回すと水が出ます」というバルブがあったのですが、
どうも壊れているらしく、一向に水が出ません。
足の皮の厚いところだけチャプチャプと熱湯に漬けて、しばらく休憩です。
でも時々足の甲側に熱湯が付いて
face012アッチー!!
となってしまうわけです。このお湯、一体何度なのでしょう。私は猫舌ならぬ猫足
(車の足まわりではないです)で
無理でしたが。
 
休憩も終わり、結構良い時間になったので、これで朝練は終わり。
Hiroさんと別れて自宅に戻ります。それでも一日が有効に使えるので、
週末は朝練が出来ると良いなぁ。

通ったコースは以下の通り。43km位でした。
https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=25153a3d5c679bca86ba31e3cf09bd46

ODO:5195km
  にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。

ツール・ド・さくらんぼにエントリーする!

今日の朝8:45からパソコンの前でスタンバイして、辛うじてエントリー出来ました。
正直かなりギリギリで焦りました。まさか開始数分で締め切りになってしまうとは・・・

エントリーした後に、エントリー画面を再度見たら、すでに100kmの方は締め切り、
そして、それをツイートしたらもう120kmも締め切り。
本当にタッチの差で、入力ミスしていたら、終わっていた所でした。
久々に脇の下にじっとりとイヤな汗をかくエントリーでした。
当日御一緒される方、よろしくお願いします。120kmの方にエントリーです。

今日は手描きのスキャナ取り込み。こっちの方が早いかも。
(でも恐怖の一発描きになっちゃいますが)
EPSON001-1
 この日はその後、山形市まで家族で行き、熊谷自転車に行った後、
ちょっとお店の方と話して物色して帰りました。
ホイールとシューズのカタログを貰いました。ありがとうございます。 

  にほんブログ村 自転車ブログへポチっとしてくださると嬉しいです。

SPDシューズのソールを補修する、他(その1)

先週走った時、シューズをクリートにはめたときのガタ付きと、
平らなところでクリートがカツカツと地面に当たるのがどうにも気になってまして、
シューズの底部を補修してみました。

(2017.3.29 ようやく見つけて追記)
今回参考にしたのは、shunさんの「気ままにチャリンコライフ」
(http://www.synapse.ne.jp/~s-hara/velo/index.html)
の「ヘルメット、ウェア」のページ、「SPDシューズ底面のかさ上げ 2015年10月31日」です。
同じSH-MT31を使って、補修をされてました。
http://www.synapse.ne.jp/~s-hara/velo/velo_wear1.html
作者のshunさんから、1年半位経っているのですが、剥がれも欠けもないとのコメントがありました。
これは嬉しい情報です!

補修には他のブログでもよく書かれていた、シューズドクターNを使ってみました。
P_20170324_233046

P_20170324_233034
まずは水洗い、その後パーツクリーナーで底部をきれいにします。

何も考えずにヘラに取っては塗っていきます。底部なので、出来栄えは
あまり気にしてないです。ただしペダルが当たるところは慎重に。

P_20170325_004058
ということで、出来上がり。あまり格好良くないかも。
手先の器用さが出来栄えにもろに影響します。うーん。
 P_20170325_004103
P_20170325_004105
あ、歩いているうちに平らになるかな・・・

face007今日はイラストなしかいな!?
face005い、いやー、こんなんでどうでしょうか。最近大ハマリしているので。
いよいよ来週最終回!かばんちゃんは一体、そしてジャパリパークはどうなってしまうのでしょうか!?
(絵が色々間違ってたらゴメンナサイ)
315-01

face008自転車全然関係ないやん・・・

  にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。

自転車再開!?蛭沢湖まで行ってくる(3/20)

三連休の初日は天元台でしたが、最終日の午後に時間が取れ、天気も良かったので
久しぶりに自転車を再開しました。どれだけ乗れるかな・・・
大慌てでチェーンとリムを掃除して、行き先を決めずに出かけます。山の方はまだ雪があるだろうなぁ。 

とりあえず13号線を北上します。そういえば、この道を通るのは初めてです。
平坦だったせいもあって、意外に身体は軽い!?これなら行けるか?とオーバー30km/hペースで走るも・・・

5分と経たずに息切れ。やっぱ昼休みのエアロバイクだけではダメかー。 
とりあえず高畠の湯るっとのところまで行って、和田川に沿って、東に向かいます。
そうだ、この間は途中だった、まほろばの緑道(置賜自転車道)の先まで行ってみようっと。

P_20170320_141124
 旧高畠駅まで来てみました。ここは前は行ってなかったです。火野正平さんの「こころ旅」でも、
ここが映ってたですね。 
P_20170320_141129
しかし、この先はまだ雪があり、行き止まり状態だったので、ちょうどここで遊んでいた小学生に道を訊いて、
蛭沢湖まで行ってみることにしました。

P_20170320_143828
 この間行けなかった道の駅高畠、その向かいの三重の塔(安津久八幡神社)が見えます。
あとちょっと。

途中で自転車道の方を通ってしまったのですが、ここはまだ雪がいっぱいだったので、
ブドウマツタケラインの方からゆるゆる登ります。
314-01
蛭沢湖到着。やっぱり自転車に乗らないと、身体はなまりますね。
ということでこの勢いで七ヶ宿へ!と思いましたが、田沢トンネルの手前で寒くなって断念。
そのまま家へ帰りました。

通った道は以下の通り。50kmちょっとでした。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=e13f980461e361a8575146cb11395b77
ODO:5151km 

  にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。

カセットフリーを外してみる

そろそろ雪もとけて、シーズンイン(シーズンオフ!?)となっている今日この頃
と、思いきや、まさかの積雪となっている山形南部ですが、いかがお過ごしでしょうか。

久しぶりの自転車ネタ、でも乗れないのでメンテネタを一つ。
昨年の乗り納めの時に気になっていた、カセットフリーからのジャリジャリ音
(正確には、「ジー」という感じの音)をなくそうと、 とうとうばらしてみました。
P_20170307_225554
こんなこともあろうかと、佐賀の時から買っていた10mmのアーレンキー(もはや六角レンチ)を使って、
WH-RS10の(旧型10速用ホイールです)リアをバラします。
P_20170307_210037
クイックを外して、シャフトを取って、玉を取って、は過去の記事を参照下さい。
今回写真省略で、(撮り忘れたとも言います) 取った後にアーレンキーを突っ込みます。
311-01
 か、固い・・・固いとやっぱり腰が引けてしまいますね。ガキっと行ってしまうと怖いです。
軍手必須です。また今日も寝巻きで平日作業・・・

こわごわやっても、いつまでも取れないので、逆ネジでないことを再度確認して、思い切って。
(今回、kinoさんの「シマノ TIAGRA フリーハブ 分解整備」の記事を参考にしました)
P_20170307_210544
face005ふぅ。やっと取れた。
外すとやはり砂が入っていたのか、黒くジャリジャリとなってました。
きれいに拭いて、さらに中のスペーサー状のものも外します。
P_20170307_210754
外して掃除をすると、こんな感じです。再度グリスをつけて取り付けます。
カセットフリーの本体をばらすことは出来ませんでした。本当はそこまで
やってみたいのですが、これ、どうやってばらすんでしょう??

まぁジャリジャリ音はなくなりましたし、玉当たりも少し緩めてスムーズに
回転するようになりました。これで新年初ライドを迎えられます。
久しぶりに、自転車に乗りたいなぁ。あとは靴の補修ですかね。
 にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。

日本の蔵王ヒルクライム・エコ2017にエントリー!

久しぶりの自転車ネタ!「日本の蔵王ヒルクライム・エコ2017」にエントリーしました。

今日受け付け開始ということを、昨日知りましたので慌ててエントリーしました。
HPの方を見ても良く分からなかったので、直で電話して正解でした。
今だと「日本の蔵王ヒルクライム・エコ2017実行委員会」で検索すると出ますか・・・
300-01
ひとまずいつものように0:00まで待機、エントリーして何とか受け付け出来ました。
こ、このイベントもすぐ埋まっちゃうのでしょうか・・・?

face007果たして、登りきれるのか!?またまたピンチではないのか!?

face001と、ともかくこれでいよいよ2017年も始まりですね。練習しなくちゃ!

  にほんブログ村 自転車ブログへポチっとしてくださると嬉しいです。
月別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: