ねるねと走ろう!?

山形をメインにロードバイクに乗った記録を書いて(描いて)おります。 乗っている自転車は、イオンバイクのモーメンタム momentum iWant2.4 冬場はスキーもやってます。

パーツ関連

100円ショップの材料を使って、サドルバッグを作ってみる(4)

またも100均のお店に行って
(今度はセリアに行きました)、

P_20181008_191203
今度はスーツケースベルトを買って来ます。
早速開封、そして切断します。

P_20181010_205427

P_20181010_205518
切ったのは、こっちのバックルに
縫い付けている部分です。
そしてもう一度上の写真の
ように通して、長さを調節
出来るようにします。
端はまたライターであぶって、
ほどけないようにします。

⑤で余った布を使って、
ベルト通しにします。
P_20181017_202238
こんな感じ。これでベルトがズレません。

自転車に取り付けてみます。
P_20181008_202153
一度通して、余ったベルトは
切ってしまいます。
半分位は余ると思います。

P_20181008_202108
ボロ布を詰め込んで、具合をみます。
もう少し長さが欲しかったですね。
あとは実走と、型くずれ防止のppシート
ですね。なくても行けるかな!?

P_20181017_202139
先端部分はこんな感じです。

P_20181017_202154
上から見るとこうなります。

face004なんとか完成です!
あとはボチボチ手直しします。
face009実走で空中分解しないことを
祈るのみだね。
face001縫った所は瞬間接着剤で固め、
外側は防水スプレーを掛けると
良いと思います。
(それらも100円ショップで…)
サドルバッグ製作、おしまい。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

100円ショップの材料を使って、サドルバッグを作ってみる(3)

前回書いた「荷物まとめベルトの使い方」
ですが、ちょっと図解します。
1539680688351
荷物まとめベルト一個だと、袋の口を後ろで
留められるタイプ、二個使うと横で留めるタイプに出来ないかと思います。
私のはこんな感じです。
P_20181009_071133
さてもうお分かりかと思いますが、
正解はサドルバッグでした。
完成まで、一気に進めます。

次はシートポストに当たる部分を縫います。
正直、ここが一番難しかったです。
でも自作するので、角度は自分の自由に
出来ますよね。
1539780669457
P_20181008_143857
前回の⑤、底の丸い布を切り取ります。
縫い代を考え、高さはシートポストの
長さに応じて、幅は5cm(縫い代合わせて6cm)
とします。余った布は取っておきます。
それを荷物まとめベルトとは反対側に
縫い付けます。
最初に底の部分だけを、それをシートポスト
に当てがって、角度を決めて上の部分だけ縫います。
1539773024661
P_20181008_150208
その後、余った部分を角に残すようにして
側面を縫います。側面を縫う時に、
一緒にファスナーテープも縫っておけば
楽かもです(後から気づきました)。

P_20181008_201541
角の部分を縫って、ひっくり返します。
ファスナーテープを横に縫い付けます。
一旦、これで外観は出来上がります。

P_20181009_071101
face022自転車に、どうやって取り付けるんだよ?
face023まぁ見てなさいって…
つづく。

にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

100円ショップの材料を使って、サドルバッグを作ってみる(2)

face001さて、早速製作に入ります。
まずはトートバッグを分解します。
P_20181005_204915
持ち手のところを外します。カッターと、
先のとがったハサミを使いました。
糸切りがあると、かなり便利だと思います。

P_20181005_204931
外した持ち手も捨てません。
糸をほどいて、平たくします。
中のスポンジ状の芯は取りました。

P_20181007_192905_1
作り方によっては全部バラす必要はなくて、
持ち手と底だけをバラすだけでも良いかも
しれません。
私はほどいているうちに気になって、
結局全部分解しました。
face022手芸店で一枚の布を買ったほうが
良かったんじゃ…
早速縫い合わせます。ミシンがあると
便利ですが、手縫いでも良いかもです。
(手縫いの時はあまりほどかない方が、
後が楽かも)

002-01-1
②を①に縫い付けます。気持ちばかりの
延長です。
また、④を二枚、片側を縫い合わせ、
真ん中で切ります。これで④を縫ったものは
2本になります。

次に、荷物まとめベルトを出してきます。
無題4
透明の名前札を外し、赤色の線辺りを
切ります。この辺りは出来上がりを想像
して長さを考えます。
今回私は一つだけ使いましたが、
二つ使うのも良いと思います。

P_20181007_222933
④のうち一つの両側に荷物まとめベルト
を縫い付けます。①と②を縫ったものに
縫い付けます。横を縫って、筒状にします。

無題5
上から見るとこうなります。

face005つづく!今回ほとんどをスマホで
編集してみましたが、まだ慣れないので
難しいです。もう正解は分かったかも…

にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

100円ショップの材料を使って、サドルバッグを作ってみる(1)

face020ピンチ!自転車関係でお金を遣い過ぎたよ…
face009今年はクロスバイク買ってから、あれこれといじってたもんね。
イベントもそれなりに出たし。
face019あー。でもサドルバッグ欲しいよぅ…
face023よし!作るか…ここは私の女子力を試す時!
ということで、100均の材料でサドルバッグを作ってみます。
face022なにやらごそごそ始めましたが、どうなることやら。
face001まずは材料集めです。100均のお店(まずはダイソー)へ行って、
これだけの物を買って来ました。

P_20181005_204002
トートバッグ。これだけ200円商品。

P_20181005_203948
P_20181005_203951
荷物まとめベルト(2個入り)

P_20181005_203922
ファスナーテープ(縫製タイプ)

P_20181005_203912
PPシート(1.4mm厚)

しめて540円です。これで失敗したら大マヌケなので、気が抜けません。
face022ねぇ。手芸店に行ったほうが良くなかった?特に最初のとか。
face005ま、まぁそういうこともあるかな。つづく!

にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

ロングライドで手のひらが痛い!のを何とかしてみる。

ブルベから帰ってきて、ずっと手のひら側、手首に近い部分が痛いので、
どうにかならないものかと、かねてから考えておりました。
100km前後までならギリギリ何とか持つのですが…
(しまった前回100km以上で痛いって書いちゃってました。
どの辺が限界なのか。)

くろみつさんも、今回のブルベで手の痺れ対策をされておりました。
リンクはこちら。「座布団を用いた手の痺れ対策」

前回書いた「手根管症候群」は、手の親指~薬指がしびれるものなので、
中指、薬指、小指が力が入らないのは「胸郭出口症候群(過外転症候群)」の方かもしれません。
まだ予断は許さないのですが、ひとまず手の痛みと、力が入らないのは小胸筋をマッサージ
することで、収まりました。
姿勢が悪いのが一番の原因か…

374-01

今回思い立ってすぐに100均に寄り、こういうものを買ってみました。
P_20180423_204909
ぶつかり防止クッションです。

connect_2
 バーテープをブラケットの下まで慎重に剥がし、
手のひらがあたる位置を確かめつつ、このぶつかり防止クッションを載せていきます。
裏面は両面テープなので、そのまま固定出来ます。
内側は縦に半分に切って、上面だけ載せてます。
ついでにハンドルに沿わせていたブレーキアウターワイヤーの取り回しを、
さらに緩くしておきます。これでさらにブレーキの引きが軽く。

この状態でバーテープを巻きなおします。もちろん巻き終わりは短くなりますが、
私はハンドルの中心部近く(ステムの近く)は持たないので気にしてません。
必要な方は、バーテープ巻きなおしても良いかもです。

P_20180423_210905
さらに駄目押しで、その上に100均の耐震ジェルを載せて、またエーモン(電気化学工業)の
ビニテープを巻きます。このビニテープ(ビニールテープではないです)、
結構あちこちで使えるので便利です。
カー用品店か、ホームセンターの電装品関係の所で売ってると思います。
connect_3
最後に外観はこんな感じ。握ったらあまり目立ちません。

その後にちょっと練で行ったところ。
P_20180430_163450
綱木川ダム(サイクルラックが出来てました。早速写真を)

P_20180430_172736
船坂峠

ちょっとは手が楽になった…かな?

にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村

ブルベの準備をする(4)キューシート、他小物

ブルベの準備も、ちょっと増えました。
キューシートも用意しないとならないですね。二枚を両面になるようにして、ラミネートで貼り、穴を開けて
シフトケーブルのアウター(触覚で良かった!)と、ハンドルに紐で縛ります。
最終的には、ハンドル周りはこんな感じに。
P_20180414_222935
 
他の小物は、こんな感じです。
P_20180414_223115
ブルベカードケースとして、
スマホ防水用袋と、ストラップ(いずれも100均)

P_20180414_201001
モバイルバッテリーケース。中に単三を4本入れて使います。
使うはめにはなりたくないですが…

P_20180414_223228
足つり対策のコムレケアゼリーと、補給食のようかん。
face005足つりたくないなぁ…

P_20180414_223145
あとは撤退時の輪行袋「PEKOさんのところの軽量輪行袋」 です。
これも、使うはめにはなりたくないですが、お守りです。

face001あとはケガ、病気しないようにする事くらいでしょうか。ドキドキしてきました。
自転車掃除して、タイヤに食い込んだ石を取っておきます(これ結構大事と思います)。

  にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村

ブルベの準備をする(3)反射ベスト、ライト

ブルベの準備は続きます。今回は反射ベスト、ライトです。

※ブルベのローカルルールによっては、今回のは抵触するかもしれません。
参加時のルールを御確認の上、御準備下さい。


・反射ベスト
 何を買ったら良いのか良く分からないまま、100均にあったので購入。
 P_20180407_080948
元々付いている反射材の光り方がいまいちだったので、改造します。
左側にあるのは、反射タスキ(これも100均、以前から通勤で使用)の反射材を
外したものです。
これを反射ベストに縫い付けます。ミシンが使えなかったので、手縫いにしました。
P_20180407_114312
後側です。昼間はこんな感じ。

P_20180407_114330
前側です。 

暗くしてフラッシュを点けるとこんな感じです。
P_20180407_221509
これだけ光れば、大丈夫かな…

・フロントライト
ライトの修理(改造)をして、微妙に失敗する…
のライトのままですと、さすがに車検に通らないと思うので、ライトはまともに買いました。
P_20180407_145001
GENTOS 閃 SG-330 ×2と、バイクガイ(ユニコ:UNICO)ライトホルダー×2です。
今のが12ルーメンだったので、かなり明るくなると思います。しかも2本。

・リアライト
 これは、100均のが意外に優れものでした。私が通勤でずっと使っていた
5LED3パターンのものを使おうとしております。
P_20180330_223715
これと、ヘルメットホルダーを使用します。

P_20180330_225528
まずライトを分解。ここまで外します。ネジも使います。

P_20180330_225530
ヘルメットホルダーも開封します。

P_20180330_225720
自転車に取り付けます。そして、カチッとロックを閉めます。

P_20180330_225842
閉めた穴に、先程のライトをネジと一緒に固定します。
このために作ったようにピッタリ!自分でも驚きました。

P_20180407_201244
 段差でカバーが吹っ飛ばないように、タイラップで固定しております。

 ・ヘルメットテールライト
これ、本当に使って良いのか分かりませんが、ヘルメットのテールライトも100均にしてます。
これもロードバイクで使ってたものです。
P_20180407_220918
今回参加する200kmでは、必須ではないようですが… 

P_20180407_201304
今のところ、ハンドル周りはこんな感じです。
あとはキューシートをラミネート化してつけようと思います。

  にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村

ブルベの準備をする(2)コマ図ホルダー(4/14追記)

ブルベの準備編続きです。今回は、コマ図ホルダーを作ってみます。

・コマ図ホルダー
ブルベのコマ図の使い方を見ていたら、色々参考になる記事があったので、
私も作ってみました。
「ブルベの準備」(東京多摩川自転車2号) 、
「コマ図ホルダー(コマ図ケース)自作手順」(ロードバイクが好き。) 
100均に行って、こういうものを買ってきます。
P_20180330_151336
石膏ボードアンカー、プッシュピン(ケースを使うので、中身は無駄にならないものが良いですね)

P_20180330_151552
アンカーを分解します。ワッシャーも使います。

P_20180330_152242
ニッパなどを使って、外側も切っていきます。ケガには注意です。 

P_20180330_152252
これが必要なので(普通のナットを持っていれば、それでも問題ありません)、
ばらします。ケガには注意です。 

P_20180330_152627
バラすとこんな感じです。

P_20180407_134858
お次はケースです。穴を開けます。

P_20180407_135902
アンカーのネジを通します。その前に、底部に穴を開けて、ハンドルなどに止める
インシュロック(取り外し可能タイプの方が良いと思います)を通しておきます。

P_20180407_125004
コマ図をコピーします。A3にしました。

P_20180407_130607
このコマ図は横方向に読み進むタイプだったので、横方向にカットして、テープで繋ぎます。

P_20180407_141154
これをさっきのアンカーに巻きます。ネジの下の部分は、さっき分解した
ワッシャーと、ナット部分で固定します。外れないように接着剤で留めました。

P_20180407_141751
ハンドルに固定して、出来上がり。
つまみは何か付けたほうが良さそうですね。
あと、上には(見えないですが)輪ゴムを掛けて、グルグル回らないようにしてます。

(4/14追記)
P_20180414_202621
縦型のコマ図もあったので、Ver1.1にするのもあり、縦型にしてみました。
こっちの方が使いやすいかな…


にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村
月別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード