ねるねと走ろう!?

山形をメインにロードバイクに乗った記録を書いて(描いて)おります。 乗っている自転車は、イオンバイクのモーメンタム momentum iWant2.4 冬場はスキーもやってます。

ロードバイク

なせば成るスタンプラリーライドに参加する(2)

face001道の駅でしばらく待つと、SAさん達がやってきました。
くろみつさん、提督さん、こばっちさん、Funayamaさん、konnoさん、
とよたまさん一行も一緒でした。
こちらも東回りでしたが、別コースのようで、ブドウマツタケラインはパス、
林道を通るそうです(林道、同じ道と思ってました)。

日向さんとハシケンさんもこっち側のコースでした。
Team HoshiのITさんが先頭で走られており、着いていくことにしました。
一念峰手前で林道コースの一団と分かれ、ブドウマツタケラインに向かいます。
相変わらずキツイですが、ここが一番の登りなので、終われば楽々、と思っておりました。
face009相変わらず大甘な考えでしたね。
P_20180701_083417
ということで、第二チェックポイント、道の駅高畠です。
スタンプを押して、七夕の笹飾りがあったので、ちょっとだけ書いて出発です。
P_20180701_083328
先頭を走っているITさんが、「あんびん食べに行きましょう!」と言われてました。

あんびんって、何?と着いていくと…
P_20180701_091615
南陽にある甘味処、田中屋でした。あんこもち…かな。
走ったあとの甘いものはすごく美味しかったです。
程なく第三チェックポイント、熊野大社です。
P_20180701_093836

この境内の手前にある、いちょうカフェが臨時チェックポイントでした。
OS-1を貰って、サラミを食べて、補給補給。
P_20180701_095216
大イチョウ。

その後も登りを攻めたり、裏道を通ったりで脚を削りつつ、第四チェックポイント、
道の駅長井に到着です。10:30位で、かなり気温も上がってきました。
P_20180701_103116
建物の中は涼しい。出たくなくなっちゃうのですが、次へ向かいます。
この辺りで先頭がIDさんに代わります。
め、メチャ速いので、着いていくのが精一杯です…40km/h位出てたような。
P_20180701_111357
途中で名勝?岩の名前忘れてしまいましたが、白鷹ヤナ公園手前で撮影ポイント。
真ん中にある岩は、誰かがぶん投げて立ったとか(ほんとかな)!?

P_20180701_114431
第五チェックポイント、道の駅 白鷹ヤナ公園です。
ここまでは、割と順調だったと思ったのですが…

clip_1
face020白鷹~飯豊(いいで)までのこの道、
国道287号線でもなく、県道10号線でもない、さらに山側の道でして。
景色は最高なのですが、とにかく暑い!アップダウンが厳しい!
ということで、私は集団から千切れてしまいました。ヒー。

それにしても驚いたのは、日向さんとハシケンさんです。
涼しい顔で(私から見たらそう見えましたが…)スイスイ走ります。

ハシケンさんに至っては、最初から撮影のために、重いカメラと荷物を持ちながら
スプリントしてみんなより先に行く→追いついてきたみんなを撮影→さらにスプリント
を繰り返してました。と、とてもあんな真似は出来ません。すごいです。

P_20180701_130054
よ、ようやく第六チェックポイントの道の駅 飯豊(いいで)に到着。
13時位。この間はキツかった…そして昼食にありつけます。

P_20180701_133257
 暑いので、山形だし(左下の、野菜の漬け物)とそばを注文しました。
お腹が落ち着く…

ちょっと休憩後、最後のチェックポイントに向かうのですが、ここで左クランクから
パキパキと異音が。右足だけで踏んでも異音なし、左足だけですとパキパキ。
これはBBか、クランクか、ペダルかも、と当たりをつけますが、クランク以外なら
帰るまで直らないなぁ。

信号停止中に、皆さんにはごめんなさい、お先にどうぞで道端でアーレンキーを出して
クランクボルトを締めなおします。1~2回転はまだパキパキ言ってて焦りましたが、
その後は音が止んだので、正解のようでした。
face019あ~~。しかしまたこれで一人旅かー。

追いつこうにも、もう追いつく脚はなく、あきらめて休み休み、最後の道の駅、田沢に向かいます。
face020あ!疲れてて写真撮り忘れ!
P_20180701_155333-1
な、何とかゴールしました。16時前に到着。あーきつかった。
完走出来ましたので、米沢牛の引き換え券はゲット出来ました。
西回りしていたいつものメンバーにも合流できて、無事を労います。
皆さん良い色に焼けたようですね。その後解散しました。

P_20180701_185008
でも今回は、有志の方の打ち上げに参加(乱入)させてもらいました。
ぷはーッ!旨い!走った後のビールは旨いですね!!

face021<今回のポイント>
・日中は30度を越す暑さでしたが、熱中症にはなりませんでした。
 塩分チャージのタブレットはかなり効果が高かったです。
 2ndボトルは500mmのステンボトルを持っていきましたが、
 氷も残っており、大分助けられました。
・ハンドルのクッションは今回も効果あり。手は痛くなりませんでした。
・一緒に走ってくださったグループの方、みんな速かったです。
 私はもうちょっと持久力が欲しいです。置いてけぼりにならない程度には、
 走れるようになりたいです。
・走ったあとのビールは最高です。このためにまた頑張れます。

今回の走行距離136.72km、ODO:7682km 

  にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

なせば成るスタンプラリーライドに参加する(1)

2018年も後半戦に突入。7/1(日)は、「なせば成るスタンプラリーライド」に参加してきました。
申し込み時 にも書きましたが、ただのスタンプラリーではなく、全部回ろうとしたら、
短くても120km程はある行程となりまして。

一筋縄ではすまないと思ってはおりましたが…

スタート地点は米沢市役所駐車場。市内からスタートなので、自走でいけて楽です。
ちょびっとだけ遅く起きる事が出来ました。それでも目覚ましより早く目が覚めてしまいます。

家を出ようとすると目の前を一台の自転車が。追いかけるとなおえもんさんでした。
その先には、D5さんとKL(カル)さんが居ました。お久しぶりです!KLさんは初めまして!
ということでボチボチ会場に向かいます。

P_20180701_052731
P_20180701_052732
さすがに受け付け開始間際5:30になると、人も増えてきます。混雑する前に早速受付を。
貰えたのはパンフレット、ヘルメットシール、スタンプ台帳(これ大事!)、スポーツようかんでした。

山形激坂緩走会のメンバー、チャリゾウメンバーの方々にも挨拶が出来ました。
通るコースは、まちまちでした。今回のイベントが他のものと違うポイントですね。

しばらくすると、いつものメンバーもやってきます。Hiroさん、Kさん夫妻、STさん、お久しぶりのSAさんです。
この時点で、まだどういうコースにするか決めてなかったので、話し合います。

コースは大体こんな感じです(上は主催の星輪店推奨コース、東回り)。

大まかに、このような感じで「米沢」「高畠」「長井」「白鷹」「飯豊」「田沢」の6つの道の駅と、
熊野大社の7つのチェックポイントを辿ることになります。その時に時計回りの「西回り」か、
反時計回りの「東回り」に別れる感じになります。コースプロファイルを見ると、
標高の高い「田沢」の道の駅を最初に回るか、最後に残すか、という違いがあります。
(それだけではなかったのですが…)

Kさんの奥さんがまだイベント二回目という事、STさんがその後予定があるので早く帰りたいという事で、
(いつもスケジュール調整お疲れ様です…) みんなは西回りを選びます。
SAさんがちょっと寂しそうです。なんでも東回りで行くということになっていたそうで。
東回り推奨コースって、普通のコースよりもアップダウンが厳しいんですよね。う~~~ん。
P_20180701_065005
 そうこうしていると、開会式が始まります。日向涼子さんです!
一般の方の後に、推奨コースで一緒に走ってくださるそうです。

自分たちはというと、いつものように出来るだけ前の方に陣取り、スタートを待ちます。
face005…皆さんゴメン!私も東回りにします。急遽方針変更です。
face009日向涼子さんに付いていきたいんだろう!なんかさっき写真撮ってたし…
face005い、いや、そんなつもりでは…(あながち否定は出来ない)
わたわたしてると、スタート開始が近づきます。大きな太鼓があって、その合図と共にスタートです。

市役所を出ると、東回りの人は左に、西回りの人は右に曲がることになります。
face020なんかみんな右に曲がっていくんですけど!
私と同時にスタートしたグループは、数人以外みんな西回りを選択したようです。

米沢道の駅で、後続のSAさんをまちますが…
P_20180701_071453
face005ポツーン。誰も来ない…

何グループかの方と、鈴木憲和さん(ゼッケン1番、衆議院議員)が来られました。
写真撮ってもらいました。

あと、意外に山形激坂緩走会のジャージが。ましゅさんでした。米沢の道の駅に行ってから、
西回りするそうです。さすが戦略家…

P_20180701_073109
しかし、開始早々一人とは、波乱含みの開始です。大丈夫かな…

face021(その2)につづく!

  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ツール・ド・さくらんぼ2018を走る(3)

その後は月山湖までアップダウンを繰り返しつつ、走っていきます。
一部112号線ですが、ずっと山道を走るコースでして、すごく気持ちが良いです。
最初は結構頑張って走ってたのですが、Hiroさんから「この辺良い景色だよ」と言われ、 
自転車を降りて写真をパチリ。
P_20180609_102916
 たしかに、ここから月山ダム辺りは良い景色が続くのでした。
のんびりと走ることに。 

普段は閉鎖になっているコースのようで、絶景が続きます。
下はHiroさん撮影分です。
moments_273E519C-90D2-4168-B3D5-44A269715AAA_orig_res
 moments_F7665E7A-0DC1-4FA9-B876-A2FB50B35D46_orig_res
月山ダムは、まだ噴水まで15分待たねばならず、先に進むことになりました。
その次は大井沢エイド。ちょっと炭水化物が補給になります。お腹も空きました。
P_20180609_112517
そばと山菜御飯。炭水化物+炭水化物のコンボです。
この後登りが控えているのでありがたいです。 

大頭森山にあるトンネルまでは、少し登りになります。パラパラと雨が降ったり止んだりで、
道路は少し濡れていたせいもあり、道端でパンク修理をされる方が多かったです。
サポートライダーはすごく多く、皆さん手伝われていたのですが、忙しかっただろうと
思います。本当に頭が下がります。

こういうときも安心して走りに専念出来るので、イベントライドは助かります。
出来るだけ挨拶をするようにして走ってました。

トンネルの手前で皆さん揃ったので写真。
P_20180609_121800
ここも見下ろすと絶景です。
P_20180609_121933
こ、こわーい。メガネを落とすと大変…

下っていくと、柳川温泉エイドです。
P_20180609_123732-1

P_20180609_124123
から揚げと温泉卵、きゅうりです。今度はたんぱく質+たんぱく質。

P_20180609_125026
ここは、奥に足湯があるんです。シューズを脱いで、ソックスを脱ぐのは面倒ですが、
時間もあることですし、じっくり浸かります。

隣には温泉があるので本当は全身浸かりたいところですが、そうなると寝てしまいそうです。

その後ものんびりと写真を撮りつつ、走っていきます。大頭森山を過ぎたら後は
下り基調なので、楽々…といいつつ時々登りがありますが。

P_20180609_140107
「最上川撮影ポイント」とあったので、自転車を降りて撮影。この辺は何箇所か
写真撮影に良い場所があります。

P_20180609_140139-1
ちょうど良いタイミングで牧野ステテコさんが来られて、
写真を撮っていたのでそれを撮影。ここで止まる方は結構居ました。

実は、この先昨年はワイン城に向かう道で、みんなにおいてかれてたのを
思い出してました。今年は(下りは置いといて)ペースも落ちませんでした!
去年よりは成長した…かな?

P_20180609_142646
最後のエイドは朝日町遊創館。ワイン城から変わって、距離が延びたため
場所が変わったようです。お肉とぶどうジュースがありがたいです。

P_20180609_143117-1
Kさん、ショートグランフォンドなら2周走りそうな勢いです。まだ全然余裕です。

あー。でもここが最後のエイドなんですね。
ここで、Kさん夫妻も合流して、最後まで走りました。
人も増えてきたのでゆっくりペースです。

と、途中で看板が。サブエイド「左沢(あてらざわ)高校」です。
P_20180609_151940-1
ここはコースマップにも載っていなかったので、見ていると、
そのまま通り過ぎてく方も多かったようです。

P_20180609_151935
カップケーキが美味しかったです。も、もう一個食べたい…

もうそろそろゴールが見えてきました。SAさんは「もっと走りたい~」と
寂しそうです。私もそんな感じです。
イベントの終わりって、ホッとするのと同時に、もっと走っていたいという
寂しい感じが同居するんですよね。

そんなあなたに、「ブルベはどうですか!?」 っていうことですかね…

大体16時位にゴール、色々貰った後に、団長さんのグループがゴールされていたので
ほぼ同じ位のペースでした。
P_20180609_160010-1

P_20180609_160016-1
今回は天気も何とか持って、すごく楽しいイベントになって良かったです。

その後はみんなでステージで記念写真を撮って、アイスを食べて、風呂に入って、
御飯を食べて、グダグタしてから解散しました。
私は帰りに眠くなったので、仮眠をしてから帰りました。

ホッとしているのも束の間、次は7/1の「なせば成るスタンプラリー」が待ってます…

今年も暑い夏が、やってくる…


<今回のポイント>
・葉山で全力が出せた。良いペースで登れた。
・その後も135kmまでバテなかった。塩分、ミネラル不足だったのかもしれないです。
 「塩分チャージタブレット」をなめながらが効いた気がします。
・(昨年と違い)今回は置いてかれなかった(コバンザメ番長はちょっと返上!?)
・心配していた手の痛み、痺れは全くなかった(これはかなり嬉しいポイント)
 前荷重になり過ぎないよう意識はしてましたが、ハンドルのクッション部分を
 改造したのも効いていたようです。

今回の走行距離138.95km、ODO:7542km 
 にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ツール・ド・さくらんぼ2018を走る(2)

face020ということでスタートしてしまったツール・ド・さくらんぼですが、
去年と一番違うのは、グランフォンドコースのためコースの序盤に葉山という所を
登ることになります。下の画像で、コースの起伏がある所、
大きく凸になっている部分がそれです。
clip_1クリックすると拡大します。

ここがキツイのです。距離6.8km斜度平均7%、ふもとからだと14.4km斜度平均5%
を登るという、ヒルクライムレースのコース+120kmのロングライド
(実際にヒルクライムレースもあってます)を走るということになります。
今回この葉山に燃えている人が、グループの中に何人居るのか。

clip_3
いちおう牽制ににもならない牽制をかけておりましたが、結構ドキドキしておりました。

慈恩寺エイドの前にもちょっとした登りがあるのですが、脚温存、脚温存…
昨年通った三重の塔の横を通り、下っていくと最初のエイド、慈恩寺エイドに到着します。
ペースがちょうど団長さんと、牧野ステテコさんと同じだったので、写真を撮らせてもらいました!
団長さんの方は、みんなと撮りました。
P_20180609_065917-1
生ステテコさんだ!

その後いつものように首から下げるお守りと、エイド食を貰います。
P_20180609_070308
玉こんにゃく(本当は3個あります。食べちゃった…)と翡翠しるこ、それから豆腐のアイス…かな?
甘みがなく、意外な味でした。

ここでまた山形激坂緩走会の方々にも会いますが、挨拶もそこそこにエイドを後にします。
みんな、まって~!

さて、少し走るといよいよ葉山の入り口に近づいてきます。
場所はこういうところになります。

この場所から右(地図上では北の方向)に折れて、長い長い登りを行くのです。
face008ほんとみんなよくやるよ…
と、ここで既にSTさんは先行します。速い、速いよ…
葉山入り口までのダラダラ登りも、結構いやらしいんですよね。
「もうそろそろ入り口、いや、まだ先だった」というのを何回か繰り返したら、
ようやく葉山の登り入り口に辿り着きます。この辺りです。
   

昨年雨だった時は、こんな感じでしたね。入り口までしか行けませんでした。
P_20170610_144320
と、ここでSAさんもペースが上がります。ま、マジすか!?
ど、どうしようかな…まだ全然ペースが掴めない中、先行した二人からは離されない様に
登ります。既にSTさんは見えない状態でした。

それにしても延々続くこの坂、やはり押し歩きする方が続出するのも分かります。
曇り空で、あまり暑くなかったのは幸いでした。

face023このまま上ハンドルで登ると、離されてしまう…
きついけど、またあれをやるか…
私は×0歳なのですが、相変わらず中二病が治らないので必殺技ばかり考えてまして。
蔵王ヒルクライム(こっちに絵はあります)、時空の路ヒルクライムでも使っていた
「下ハンクライミング」に切り替えます。
これに加え、ちょっと白石城まで行ってくる(全然ちょっとじゃなかった)で使った
「低ケイデンスクライミング(多用注意)」、
さらに今回朝練の時に編み出した「プチダンシング(多用注意)」を織り交ぜ、
登っていきます。
face008こんなこと書いてたら、絶対後でイタくなって消すって…
幸い頂上までの距離が途中途中に書いてあるので、ある程度ペースは分かるのですが
それでも長い長い。

そのうち、左後方から「こんちわ!」の声が。夢中で登っているときには気づかなかったのですが、
見覚えのあるMASIのクロモリの自転車が。チャリゾウの店長さんです。
置賜一周を走る シリーズでは、どの峠でも置いてかれた豪脚の持ち主。昨年あった
スカイバレーヒルクライムでもクラス1?位だったそうで。
ペースが全然落ちない走りに、最初は置いてかれそうになるも、勾配が少し落ちたところで
ギアを2枚落として必死ですがりつきます。
さらにはSAさんがまた「千切れませんよ~フフフ」とプレッシャーを掛けてきます。
ちょっと前から捕らえてたそうで。
face020ひ、ひえ~
P_20180609_082412-1
そんなこんなでようやくゴール(葉山エイド)。た、助かった…

P_20180609_082359-1
いやー。つっかれましたね~。
終わってみると、1:30の間に三人が。STさんなんか仕事で寝てなかったのに。
体調万全だったら、置いてかれてたのか…

Hiroさんは、そんな後先考えない坂バカには付き合わず、
ゆっくり写真を撮りながらのクライミング。さすがクレバーな選択(オールラウンダー)です。
しかし程なく合流してたので、トータルではこれが一番速いのか…
face008あんたはその後しばらくゾンビコバンザメだったね
P_20180609_082355
エイドのメニューはこんな感じ。も、もっと食べたい…

P_20180609_082407-1

P_20180609_083941-1

P_20180609_083939-1
エイドの周りはこんな感じ。着いた途端に大雨だったので、ちょっと焦りました。
すぐ止んでホッ。docomoカーが来ていたのは、ありがたかったですね。

その後はみんなでユルユルと下ります。結構な勾配でしたので、手がだるくなります。
それでもカーブごとに立っている方が居て、減速を呼びかけたり、崖側には
ネットがしてあったりと、安全の気配りがされています。
自転車ではあっという間ですが、本当にありがたい事です。 

その後は水沢エイドまで、下りであっという間。
途中でショートグランフォンドの方々と合流したので、段々人が増えてきます。
P_20180609_094257
水沢エイドでのメニュー。と、ここでKさん夫妻と合流!ちょうど良いタイミングで
休憩が出来ました。
Kさんの奥さんは今回初めてのイベント。それなのに110kmとかすご過ぎなんですけど。
さすが元ランナー。基礎が出来てます。私は最初は100km走れなかったなぁ…

ここでKさん夫婦は追いつかれるから、と先にエイドを出ます。
私たちもトイレをして(これが長蛇の列!)エイドを出ます。
次は月山ダムに向かいます。

にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村

ツール・ド・さくらんぼ2018を走る(1)

face019はぁ~~~~。やる気が出ないよぅ。
face021なんだよ一体、ツール・ド・さくらんぼを走ったばっかりじゃないか!
face019いやそうなんだけど、あんまり楽しかったので、今抜け殻のようになってて…
(もしかして、ツール・ド・さくらんぼを走った方あるある?)
face022もう、しょうがないなぁ、ちょっと代わろうか?今回だけだよ?
ということで、わたくし(ぐれと言います)がワンポイントリリーフでレポートします。

今年もツール・ド・さくらんぼ2018に参加してきました。
昨年は雨でメディオフォンドコースに変更となり、葉山に登れなくて涙を飲んだのですが、今年は…!
参加コースは、グランフォンド135kmです。

やっぱり前の日は興奮してあんまり眠れなくて、1:30起床。集合場所に向かいます。
天気予報は曇り、また微妙な感じでやきもきしながらの出発です。
時々フロントガラスに雨がパラパラ当たるので、不安になります。
P_20180609_023540
今日の参加者は、いつものメンバーからHiroさん、STさん、そしてグル麺ライド以来の
SAさんです。久しぶりなのでめっちゃ楽しみです。「かしこまっ!」って…
そして、めっちゃ練習されていたようなので、置いてかれないか心配です(と、言ってました)。
そして今回Kさんは夫婦でショートグランフォンドに参加なので、スタートは別行動です。
合流出来るかな…

みんなで連なって現地に向かいます。まだ早いので、下道で買い出ししつつ、
会場の「チェリーランド寒河江(さがえ)」まで向かいます。
P_20180609_044627
1時間半ちょっと走ると、駐車場A(JAさがえ西村山やすらぎセレモニーホール付近) に到着。
もう何台も来ている車があります。今回は駐車場の奥の方に誘導されました。
 
急いで準備をして、会場に向かいます。参加は二回目なのですが、
相変わらずご主人は場所が分かってないので、みんなに着いていってました。
P_20180609_050914
そして会場に到着です。人がいないときを見計らって、パチリ。
天気は持ち直してきたかな…

P_20180609_050918
良い感じの写真が撮れました。

P_20180609_051128-1
走る前の元気なうちにポーズ。皆さんやる気が違います。
STさんは、前日ほとんど寝てなかったらしいのですが、大丈夫かな…

clip_2-2
山形激坂緩走会の方にも挨拶してました。こばっちさんと番号が連番だったので、
はしゃぐはしゃぐ(やめろって!)

 P_20180609_053516
早々に受付を済ませ、自転車を並べます。今回は10列目位でした。
結構皆さん早いのね。

P_20180609_060912
今回も安田大サーカスの団長さんは来てくださいました。

P_20180609_061658
そして「チャリダー」に出演されている、牧野ステテコさんも。
お二方とも面白いトークで場を沸かせます。今回二人ともグランフォンドコースでの
参加だそうです。さすが。 

P_20180609_061842
 宣誓!われわれは!

P_20180609_063213
開会式も終わり、いよいよスタートです。ご主人は第二集団からスタートです。
いつもながらドキドキしてきました。
face007その(2)につづく!次回はレポートやるんよ!
face019へ~い。

  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

時空の路ヒルクライムに参加する(2)

さて、スタートしてしまいましたが、最初はチャンピオンクラス、そして15~29歳、
30~39歳…と年齢が若い順にスタートしていきます。
本気を出すのはタイム計測開始の場所からなので、最初はゆったりと二列で走ります。
clip_5
ここで改めてコースの紹介を。パンフレット画像から。

clip_7
STRAVAによるコースプロファイル。
最初3kmまでは平坦で、そこからの登りがこんな感じです。

378-01
STさんを振り返ると「ちゃんと横に居ますよ~」と苦笑されます。
私のセコイ作戦をしゃべっちゃったので、 後方に位置されてしまいました。
この体制のままスタート地点へ。みんな徐々に速度が上がってきます…

そしてスタートのゲートをくぐります。ここからが本気と本気のぶつかり合いです。
直後に速度の上がった車列に付いてSTさんも速度を上げ、あっという間に
抜いていきます。

や、やられた…今回は蔵王の逆で、STさんが先行することに。
私も着いていくか、それともここは抑えるか…!
face024ブルベは、忍耐のスポーツですよ。
clip_6
そ、そうでしたね…
その車列には着いていかず、もう少し後の車列に着いていくことにします。
もう既にSTさんの姿は見えなくなってしまいました。

その後はちょうど良い速度の車列がなく、追い越しては前の車列最後尾に付く
⇒息を整えてさらに追い越して前の車列に追いつく…
というのを繰り返し、何とか前に出ようとします。しかしここは我慢、我慢…

先行して追いつけないだけの差を付ければ、先行有利。
逆に先行しても途中で失速すれば後方有利。
これまでは、先行ばかりしてましたが、今回は、果たして…

平坦区間終わり間際、福永交差点のところでSTさんの後姿が見えました。
な、何とか追いついた。しかし、こっちも大分消耗してしまいました。

福永の集落を抜け、平坦は終わり。山岳区間が始まります。
ここからが、ヒルクライム。

ぶっつけ本番でしたが、時空の路ヒルクライム動画を見たり、
似た勾配の県民の森でイメージを掴んだりはしておりました。
ケイデンスを上げ過ぎると参ってしまうので、少しケイデンス低めで、
少しギアは重めで登ります。

やっぱり後ろが気になって、振り返り振り返り登ります。
かなり速度も落ちてきてて、後ろからどんどん抜かされるもので。 
途中給水所があり、冷たいだろうとコップの水を貰いますが、飲むのに失敗して
むせてしまい、それでまたタイムロスしたりしてました。

重めのギアで登っていたはずなのですが、気がつくとインナーロー。
もう後がありません。やっぱりきついなぁ。
ただ、最後数百メートルは勾配も緩やかになり、みんなスパートを掛けていきます。
そして何とかゴール。

とにかく休憩地点までいき、やっと腰を落ち着けて、まずはスポーツドリンクと、
そしてじゅうねんアイスとしんごろうもちをいただきます。あー疲れた。
P_20180520_102955
P_20180520_102952
 しんごろううまーい!
P_20180520_103318
アイスもうまい。疲れた身体にちょうど良いです。

休憩所は大内ダムのそばで、少し涼めるところにあります。
P_20180520_110820
良い所ですが、電波が入りませんでした。docomo以外は入ったのかな。

そうこうしていると、STさんとKさんに会えました。STさんは開口一番、
「完敗です。次回リベンジします」ということでした。
蔵王で置いてかれ、ツールドさくらんぼで置いてかれてから、ようやく一矢報いた!
最後の方は結構バテていたので、実は前だったのか、後だったのか
その時まで分からなかったのですが、ここでやっと気づきました。

しかし、どの車列で走るかという要素が結構大きかったのでは?
序盤の速度は単独では出せないので、何とも言えません。
後からstravaの平坦区間を見ましたが、やはり3人の中では私がビリでした。

まぁでも三人とも事故もなく、完走できたのを喜びます。
P_20180520_110814
今日もmomentumはトラブルなく、よく頑張った。お疲れ様。

P_20180520_122412
スタート地点に戻って、豚汁を食べてから、昼ごはんにします。

ソースカツ丼を食べたかったのですが、まさかの品切れ。
P_20180520_134045
 ラーメンと牛すじカレーにしました。
その後、走り足りないのでおまけライドをして(ちっともおまけという感じじゃなかった!)
ボチボチと帰りました。あー疲れた。あ、風呂に入りそこなった。
おみやげのお茶碗は、今私が御飯を食べるのに使ってます。

73.17km ODO:7316km
  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

時空の路ヒルクライムに参加する(1)

今年初のヒルクライムレース、時空の路ヒルクライムに参加してきました。
公式ページはこちら。「会津美里町ポータルサイト・ミサトノ.jp」 
場所はこういったところです。


猪苗代湖の近く、ゴールより先に行くと、大内宿という名所があるところです。
距離は14km、高低差574m、斜度平均4%を登るのです。
と書いてると、「結構大したことないじゃん」と思われる方もいらっしゃると思いますが…
最初の3kmは平坦。ここでは40kmを超える速度を出す方もいる、高速コースがあり、
そしてその平坦があるということは、その分勾配が厳しくなるという。

今回参加は、いつものメンバーからKさん、STさん、そして私の3人でした。
Kさんは一度参加したことがあるので、私とSTさんから質問攻めにあっております。 
平坦区間を飛ばすべきか、それとも山に入るまで温存するか。結論は出ませんでした…

それはさておき、朝4時に道の駅田沢に集合、会場に向かいます。
米沢からは1時間とちょっとで到着します。となりの本郷中学に駐車。
この時間が5時半。気温は11度。ちょっと寒い位でした。
P_20180520_052604
P_20180520_052613
まだ5台位しか来てませんでした。

ぼちぼち着替えて、受け付け時間6時を待ちます。
face023フッフッフ…私も学習するんですよ…
今回ジャージを初めて用意してきました。これまではTシャツばかりでして。
P_20180524_005520
先日、「短期決戦!県民の森とそうならなかった蔵王に登る。」のときにもらってきました。
なんでも貰い物で、小さくてサイズが合わなかったそうなのですが、私のように
貧弱な上半身ならピッタリです。おくやまさん、ありがとうございます。今回はこれで頑張ります!
受付を済まし、荷物預かりと開会式までちょっと時間があったので、白鳳山に登ります。





face020ヒルクライム前に、良い登り…
みんなはガンガン登ってます。Kさんもバロックギアが快調のようですが、
私は体力温存第一のため、ゆっくりゆっくり登ります。ウォームアップには十分過ぎではないでしょうか。
clip_4
反対側からのコースは、stravaのセグメント(コース)にもなっているようですね。
P_20180520_072425
さて会場に戻って一息。テントも設営されて、人も増えてきて盛り上がってまいりました。
そのまえに、トイレ、トイレ…
P_20180520_081350
STさんとゼッケンを見比べると、年齢が同じクラスだったので、同じグループはわかるのですが、
番号が連番!こ、これはピンチ。蔵王ヒルクライムの悪夢がよみがえります。
やばい、ドキドキしてきた。平坦飛ばすべきか、温存すべきか。

ここで私は一計を案じます(前日から考えてました)。単独行では速度30km/hがいいとこなので、
それ以上(出しても35km/h)は出さないようにセーブしつつ、
置いてかれないようにするという作戦で行きます。というのは、みんなには黙っておきます。

本当は、STさんより1秒でも良いから後からスタートして、ゴールで並ぶという
セコい作戦も考えてましたが、 
face015はるかぜさんの方が番号若いんだから、先に並んでくださいよ

とあっさり却下されてしまいます。ぐぬぬ…作戦失敗。
あと、stravaでフォローしてもらった「hiro ishi」さんが見つけてくださり、挨拶も出来ました。
今日は頑張りましょう!って、速そう…

さて、緊張するもなかなか始まらないのでもどかしいです。来賓の挨拶が終わり、
カウントダウンが始まりました。カウントダウン、電話の時報の音を使うんですね。
チャンピオンクラス、若い方のクラスから順にスタートします。ドキドキ…
face023し、しまった書き過ぎた。(2)に続く!
 face021一回で終わらないんかい!!

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

なせば成るスタンプラリーライド/時空の路ヒルクライム

GW明けて、米沢で7/1に自転車イベント開催決定となりましたので、
参加することにしました。フォロワーさんからの情報だったのですが、

 なせば成るスタンプラリーライド

というものでして、「スタンプラリー」っていうと、なんか緩いポタリングイベントと
思われるでしょうが、そこはそれ、主催が「鉄人の店 星輪店」ですからそうは行きません。
米沢に6つある道の駅と、熊野大社の合わせて7箇所を巡り、スタンプを集めて回るのですが、
全部回ると、何と短くても120km強の行程になりまして。
7箇所全て回ると豪華商品が!
ちょっと自分もルートラボでコースを描いてみましたが、通行止めもあって、見直し必要ですね。
ルートラボで「なせば成る」と検索をかけると、色々な方のコースが見れて楽しいです。

ゲストは豪華!あのサイスポで連載や、
「<坂バカ>式 知識ゼロからのロードバイク入門」を出されている
日向涼子さんだったりします。 県外からも参加者が!?
詳細は公式ページをご覧下さい。

そして、時空の路ヒルクライムの案内も届きました。
P_20180513_213446
もう来週か~。何も準備してない…
当日参加される方、よろしくお願いします。 
GW中に実走はしませんでしたが、コースを車で逆に通っておりました。
(家族と大内宿に行った帰りとも言います)
P_20180506_090344
大内宿内の「大内宿町並み展示館」にもこんな感じで掲示してました。

受付会場は、「会津美里町役場本郷庁舎」なので、ここで合ってるのかな…?
P_20180506_102244
この日も自転車で登られている方、準備されている方がいらっしゃいました。
結局ぶっつけ本番かー。大丈夫かな…
face005そんで私はというと、この週末も自転車に乗りたかったのですが
 家庭菜園の準備(耕し、種まき)がありまして…まずいなぁ。
377-01
face005ま、まぁこれもトレーニングの一環ということで、
なるようになるダバ、ないダバさ…(古いけどちょっと「なせば成る」に似てる)

あとクロスバイクがどうもギコギコ言ってたので、おかしいなぁと思ってたら、
P_20180402_070934
リアホイールのスポークがユルユル。あまり振れてなかったので気づかなかったです。
DS側(スプロケットがある方)だったので、強めに張りました。
NDS側(スプロケットがない方)は、一度ユルユルにして締めなおしました。
こっちを張ってしまうと、ホイールのセンターがズレちゃうので、加減が難しかったです。
カセットBBも緩んでいたので、再度締めなおし。そんな感じの週末でした。

にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村
月別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード