ねるねと走ろう!?

山形をメインにロードバイクに乗った記録を書いて(描いて)おります。 乗っている自転車は、実はイオンバイクのmomentum iWant2.4 ロードバイクとしては安くて重い方ですが、頑張って山に登ります。

ロードバイク

磐梯吾妻スカイラインを走る(2017)、グル麺ライドゼッケン到着

こちら山形は季節も秋となり、朝晩が寒くなってきたのですが、いかがお過ごしでしょうか。
そろそろ今年の自転車に乗れるシーズンも終盤となってきまして、また浄土平に登りたくなりました。
ちょうど休みでもあり、天気もギリギリ持ってくれるか!?ということで出発です。

昨年磐梯吾妻スカイライン(高湯側から)を走る!で登ったときよりも一ヶ月早く、
スタート時間は30分位遅く、という感じです。
P_20170911_100720
今回は吾妻の駅「ここら」(第二駐車場)からスタートしました。気温は23℃。
コースは去年と同じく高湯側からとしたので、迷うことなく頂上を目指せます。
今回は本当に足つき無しの、ノンストップで頑張ります!

P_20170911_125532
ということで、途中は写真もなくていきなり浄土平に到着。
無散水消雪道路辺りは、やっぱりきつかったです。
やっぱりここの登りは長いです。途中でダレてしまうのが弱いところ。

途中つばくろ谷も霧で、天気も曇りなので吾妻小富士もこんな感じ。
ちょっと寒いですよ…
P_20170911_131736

P_20170911_131745
天気が悪いせいか、車も少なかったかな…

P_20170911_131747
face005下っていく先の方は、なんか雲が掛かっています。大丈夫かな。

とにかく急がないといけない天候なので、料理は食べずにどら焼きを買って、
小腹を満たして慌しく出発です。

P_20170911_132806
一応今年も道路最高点で撮影を。笹で埋もれてしまいそう。
 
九十九折れも急いで下ります。ほどなく「日本の道路100選」の看板に到着。
P_20170911_135401
でも天気悪いなー。さてこのまま下るか、それとも…

実は前回、土湯側の旧道下りは寂しくてちょっと心細かったので、
今回は同じコースは辿らず、再度登ることにします。これもネタとして。
まだそんなに下ってないので、丸々坂道おかわり、というわけではないので
大丈夫と見ておりました。
P_20170911_145004
まぁ楽ではなかったですが、高湯側の登りを考えたら、
こちらは勾配がすこし緩いし、九十九折れもあるので少しはマシかな…

しかしこの辺りから、雨がポツポツと降り始めました。
P_20170911_145629
本日二度目の浄土平も雨の中となりました。帰りにじっくり写真を撮ろうと
思ったのにー。

P_20170911_145719
雨に濡れながら、吾妻小富士の前で写真。今回は登りませんでした。
先々週、家族と登ったので良いかな…

P_20170911_145721
て、天気が…

その後は雨の中、路面とリムの濡れのため、転ばない速度で先を急ぎます。
下りでしたが、長く感じました。駐車場のあるところまで戻ったのが16時半。
あーお腹すいたー。

ということで、TwitterしているT_rinseiさんに美味しいラーメンと餃子屋さんを教えてもらい、
(T_rinseiさん、ありがとうございます!)
飯坂温泉の「餃子の照井」に行き、遅めの昼食兼夕食を取りました。
P_20170911_173000
ちょっと食べてますが、円盤餃子半分と、ラーメンを食べました。
あーあったまるー。

さて、家に帰るとグル麺ライドのゼッケンが届いておりました。
いよいよあと2週間(これを書いているときはもう一週間と2日!)
練習にはなったでしょうか。

一応今回もゼッケンプレートを作ってみましたが、使うかどうかは未定です。
グル麺ライドプレート(縮小)
 グル麺ライドなだけに、板そばのつもりです。

今回通った道は、以下の通りです。74.85kmでした。
https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=f7aa60daea3b54be3a72c384551f1a89

 ODO:6222km
  にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村

シフトワイヤーを交換する、裏磐梯スカイバレーヒルクライム試走に付いていく

これまでもその兆候はあったのですが、
前回の「西蔵王公園に自転車で行く」(http://nerune.blog.jp/archives/24896651.html)から、
どうもリアの変速がいまいちビシッと決まらなくなってました。
自転車を倒して、ディレイラーハンガーを曲げたときは顕著でしたが、
それを変えても、シフトアップ時、ダウン時でどうもディレイラーの位置が違ってる気がします。

ところが先日、ディレイラーの手入れをしているときに、シフトワイヤーがディレイラー調節ネジから
出たところで曲がっている(折れ目が出来ている)事に気づきました。
P_20170907_203106
こ、これはさすがにシフトワイヤー交換かな…
サビも素線切れもなかったので、これまでずっと交換無しで過ごしてましたが、
そろそろ潮時かもしれません。

P_20170907_203400
久しぶりに星輪店に行ってきました。店長さんの話はいつも面白くてためになるので
ついつい聞き入ってしまいます。パーツを買うのは二の次になってしまいます。
DURA-ACEとありますが、普通のステンレスワイヤーです。
ポリマーコートはちょっと買いきれませんでした。

P_20170907_203827
家に戻って、早速交換です。ワイヤー先端のキャップを外して、
現在のワイヤーがどう留められているか撮影、ワイヤー交換の解説ページを
参考にしながら、交換していきます。
外したワイヤーですが、折れ目の部分以外は痛みはなく、まだまだ
使えそうなのですが、思い切って廃棄です。

今回アウターは交換しないのですが、上下を入れ替えて、
インナーと擦れている場所をずらします。
また、中にシリコンスプレーを念入りにして、すべりを良くしておきます。
もちろんワイヤーにもたっぷりと。
P_20170907_211311
あとダウンチューブ下のケーブルガイド、フロント側にはライナーを使って
いるのですが、リア側は使ってなかったので、手持ちの熱収縮チューブを
砂とゴミ防止に通してみました。いつまで持つかな。

さて日付も変わって裏磐梯スカイバレーヒルクライムの前日。
参加されるHiroさんが受け付けを兼ねて調整するので、私も練習がてら、付いていきます。
今年も当日は予定があって、参加できずでした。
P_20170909_121306
去年も前日に白布峠、登ったなぁ…今回は車で現地に向かいます。

P_20170909_131706
参加はしないのですが、き、気分だけでも。
私はシフトワイヤー交換後の走行テストです。
face012こ、これは…
347-01
交換したのはリア側だけですが、スパスパシフトが決まります。
意味もなく何度もシフトを上げ下げしてしまいます。別モノみたいです。
なるほど、他のワイヤーもちょっと変えてみようかな…
 
調整は明日に差し支えない程度に、しかしコースと勘所は押さえつつ
ボチボチ登ります。
P_20170909_151234
Hiroさん、明日は頑張ってください!
(これ書いているときは、もうヒルクライム終わってましたが)

にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村

西蔵王公園に自転車で行く

先日車で家族と西蔵王公園に行ってたのですが、その時に周辺の坂が気になってました。
「山形激坂緩走会」 のD5さんが行かれるということでしたので、お願いしてついていきました。
D5さんとは、十分一山(南陽スカイパーク)に登る!(1)以来でしたので、
久しぶりですごく楽しみでした。
市内のヤマザワに5:00に集合してスタートです。P_20170827_044447

P_20170827_044451
ようやく日の出時間となった位でしょうか。今日も張り切って頑張ります!

高畠まではD5さんに先行してもらい、まずは道の駅高畠でトイレ休憩です。P_20170827_052724

P_20170827_052726
ご覧の通り高畠町に入ると、山沿いはすごい霧。自転車もメガネも
びっしょりで前が見えません。ゴシゴシと曇りをぬぐいながら前に進みます。
ここからは道を教えてもらいつつ、先行しました。

久しぶりのライドだったので、「良い格好しぃ」の自分は、張り切りすぎて踏んでしまいます。
P_20170827_055915
柏木トンネルに到着。地味に登っててしんどかったのですが、
この後も前を行くときは飛ばします。

P_20170827_064251
上山城まで到着。ここは引っ越してから割りとすぐに来たことがあったのですが、
中は資料館になっていて、外見との違いに驚かされます。
まだ開館時間ではないので、朝ごはんを食べて、しばしまったり。
色々な話を教えてもらいました。

P_20170827_072246
face005結構良いペースで、ふもとのセブンイレブンまでは来れたと思ったのですが、
そこからが全然ダメでした。
おかしい、以前と同様アミノ酸で補給していたので、また疲れてはないはずなのに、
脚が全然回りません。なるほど、これが「脚が終わる」という状態なのかと思いました。
D5さんはスイスイ登っていきます。ま、待たせてしまってスミマセン…

私が登れなくなってしまってたので、一旦展望台で休憩です。
本当はここで止まってはいけないのですが…
P_20170827_073811
 ちょっと復活するも、少し登るとまた脚が回らなくなります。
練習サボってたというのも理由として大分あるのですが、いかんなぁ…

なんとかゆっくりと展望台に着きます。stravaのタイムどころではありません。
(家に帰って見ると、stravaは上山城で止まってました…)
P_20170827_082144
しかし展望台からの景色は良いですね!
ここからの景色を登るために、何度も来たい位です。
P_20170827_082327
山形市が一望出来ます。こっちの写真のほうが良いかな。

ちなみにちょっと下にはこんな遊び場があります。家族と来たときは、ここが目当てでした。
P_20170814_111442
P_20170814_112817
P_20170814_122223

残念ながら峠のまんじゅう屋は定休日らしく、午後から予定があったため
ここで帰りの道に向かいます。
丸一日時間があったら、この写真の向こうにある峠まで行くと良い感じになるらしいです。

ちょっと復活したので、また強気に頑張って走るのですが、やはり速度は出ません。
帰る途中で私も用事が出来たので、さらに急ぐ必要があったのですが、いかんなぁ。
南陽の岩部山トンネルを迂回する辺りでは、ちょっと熱中症っぽくもなっていたのでさらにダメージが。

今回は反省点が多かったです。ペース配分が大事なのを痛感しました。
しかしD5さんと走ると色々なことが学べました。話も面白かったですし、また走りたいです。
今回もどうもありがとうございました!

通ったコースは下の通り。 サイコンで116kmでした。
https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=9300e52c118f8b618dd68a4829df50d1
(記憶を頼りに書いたので、ちょっと間違ってると思います)

ODO:6115km
face005あ、今回絵はお休みです。ゴメンナサイ。

  にほんブログ村 自転車ブログへポチっとしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村

ディレイラーハンガー交換と、タイヤ補修する

 先日の黒伏高原ヒルクライムの下りで、どうもギアがガチャガチャ言うので、
帰って確認してみました。
変速がいまいちで、調整しても重い方から2番目だけ、どうやっても音がするのです。
face002倒した後にディレイラーにも傷が入っていたし、やっぱりやっちゃったか… 
ということで、予備で購入していたディレイラーハンガーと交換しました。
買っておいて良かったです(イオンバイクで注文)。
P_20170813_164449
部屋が散らかっているので画像修正。小さなボルト2本で留まっているだけなので、
気を遣います。
P_20170813_164458
取り外したディレイラーハンガー。うーん、変形している感じはないのですけど…
新しい方は、「44°」という刻印がされているのですが、ちょっと分かりません。
P_20170813_164728

再度ディレイラーを取り付けて、シフトチェンジをしてみます。
face005な、直った!良かった良かった。
ということで、また予備を2個買っております(今度はAmazonで通販)。
こういう時、部品がGIANT製品と互換性があるので助かります。

次に前回サイドカットしたところですが、新品にするか、補修をするか迷いました。
結局補修する方向で、近所の自転車屋、セイリンさんでタイヤ用パッチを購入。
こういうの買う人、あまり居ないでしょうねぇ…
P_20170820_221956
普通のチューブ補修するパッチと違い、繊維が入っていてカットした所が
広がらないようになっております。
シマノから出てますが、中身はマルニ製です。
一緒にイージーパッチも補充のため買っております。

タイヤを外して、と。リムテープが凹んでおります。しまった、買ってなかった。
ということで、前後交換します。前後でニップル位置が異なるため、
凹んでる位置をずらすことが出来ます。
P_20170814_210751

face005同じ事考えている方が他にもいらっしゃったので、ホッとしました。
 タイヤの方は裏側からパッチを、表側からはシューズドクターで覆って完了と
しました。万一を考え、ローテーションがてら、タイヤも前後交換しました。 

空気圧を上げて様子を見てますが、広がったり空気が抜けている感じはなさそうです。 
しばらく様子を見ることにします。

※今回の作業も安全にも関わりますので、一度自転車店で診てもらうことをお勧めします。
※作業は自己責任ということでお願いします。

344-03
こないだヒルクライムに持っていったプレート図案です。

  にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村

黒伏高原ヒルクライム・2017第4戦に参加する

お盆の間は、皆様いかがお過ごしだったでしょうか?
雨ばかりでなかなか自転車に乗れませんでしたが、その合間をぬって、
8/13早朝、東根のジャングル×ジャングルスキー場のふもとで行われた
 「黒伏高原ヒルクライム・2017第4戦」に参加してきました。

スタートは ジャングル×ジャングルスキー場入口T字路で、
ゴールはジャングル×ジャングルスキー場駐車場の「P5」です。

 このレース、とても良いポイントに「申し込み不要、参加費無料」という点があり、
ツイッターされている方から情報を貰ったのがその2日前。
急遽参加することにしました。

しかし、東根はちょっと遠かったですね。5時前に出て、到着は6時半位。
着いた時にはもう既に何人か来られてました。
天気は見ての通り、どんよりでしたが、中止にはなりませんでした。
P_20170813_063008
P_20170813_063013
P_20170813_063016

時間もあまりなかったので、準備もそこそこに、スタート地点に向かいます。
自走で来られた方も多いようで、既に大勢の方が来られてました。
P_20170813_070338
 P_20170813_070339
P_20170813_070341
face005み、みんな速そう…また持病の腹痛が…
face008ここまで来て帰ったりしないよね?
スタート開始まで時間はわずかでしたが、ツイッターでフォローしたばかりの
「提督さん」に挨拶をして、スタートの列に並びます。

このヒルクライムは、ヨーイドンでスタートし、ゴールはビデオ撮影だそうで、
前の方に位置していたほうが有利ではありますが、多分抜かされまくるのと、
初めてなので、最後尾に付きました。しばらくは様子を見ることにします。

スタートすると、やはり圧倒的に速い方で先頭集団が出来て、すぐに見えなくなります。
私はゆっくりと第二集団に居て様子を見てましたが、 一人抜け出したので、
その後に付いていくことにします。

コースとしては、ずっと緩やかな登り基調で、平坦なところは少ないので休めません。
また、カーブが少ないのでその点でも厳しく、「あー休みたい」と思いながら登ってました
(スミマセン)

途中で2人に抜かされた後は、ずっとバラけて一人旅の状態でした。まぁマイペースで
登れるから気は楽か…
時々後ろを振り返りながら、追いつかれないように頑張って登ります。

今回はサイコンは距離計表示にして走ってましたが、ゴール地点の「P5」が
なかなか見えてきません。
345-01
P7、P6と来たら、やっぱりP5が次に来ると思うでしょう?
思いっきり引っかかりました!結構その先もあって、やられた感じでしたが、
同じく初挑戦だった提督さんもハマったとのことでしたので、
私だけではないのにホッとしました。
P_20170813_074904
ということで、無事ゴールしました。
順位、タイムはさておいて、こういうレースも楽しかったですね。
周りはまだ知った方が殆ど居なかったので、まだあまりしゃべれなかったです。

その分、下りではちょっと止まって写真を撮ってたりしました。
P_20170813_081333-1
P_20170813_081336
P_20170813_081338

でも、何かチェーンがカチャンカチャン言うんですよね。
スタート前に自転車倒しちゃったせいか。

あと、自転車を車に載せるときに気づいたのですが、
P_20170813_091536-1
face002サイドカットしてる…

今回走ったのはこんなコースでした。
https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=9b686697ac132988d6469b13f4bafacb

ODO:5999km
  にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村

朝練:十分一山と、鳩峰峠に登る

ロードバイクのメンテもようやく終わり、久しぶりの朝練のお誘いに乗って、
十分一山と、今回初挑戦の鳩峰峠に行ってきました。
時間があまりなかったので、車でまずは十分一山に(ズルイ)。
今日一緒に走るHiroさんは、車とほぼ変わらない時間でふもとまで到着(速い!)。
今日も頑張って登りましょう!
P_20170730_055332
とは言ったものの、車でここまで来て、身体も硬いまま上ると、あっという間に
キツさが襲ってきます。ちょ、ちょっとペース落とそう…
しばらくえっちらおっちら登っていると、ようやく脚も回るようになってきて、
エンジンも掛かってきます。スロースターターなもので。
ふもとまで車で来て登るのも、やっぱりダメなんですね。
とりあえず頂上まではなんとか。でもやっぱりインナーロー使ってしまいました。
P_20170730_062153

まだ早い時間なので、誰も飛んでませんでした。頂上の眺めをこわごわ堪能します。
P_20170730_062523
景色は良いですが、ここより先には行けません。

ま、まだ時間もあることですし、鳩峰峠に行きたいです!
ということで、私はまた車、Hiroさんはまた自走で高畠中央公園に待ち合わせ、
鳩峰峠に登ります。今日は楽ばっかりですね。
今回スマホアプリ、「Strava」を使っているので、以前にどんな方々がどんなタイムで
登られていたか、あらかじめ分かっておりました。
よし、目標30分切り!(無理無理)
343-01
それにしてもこの鳩峰峠、比較的傾斜は緩く、メリハリと九十九折れが多くて、
登るのは楽しいです。地元の自転車乗りの方には定番コースのようで。

しかも今は、頂上から先は通行止めなので、車は殆ど通りません。自転車天国のようです。
絵の通り「ここはギアを落とすべきか、そのまま行くか」
「カーブの外側を走るか、それとも内側を行くか」
※対向車には注意して、中央は超えないようにしましょう
等、考えながら走ることが出来ます。大抵裏目に出るのですが。

頂上に近づくと気温も下がり、霧と霧雨が降ってきます。さすが山の天気です。
P_20170730_081320
 晴れていると良い景色らしいのですが、もう真っ白。
P_20170730_081323
P_20170730_081331
頂上から先は、本当に通行止めになっています。
こんな天気に登る物好きは、そんなに居ないだろうと思ってましたが、
続々と自転車乗りの方が現れます。みんな好きね…
P_20170730_081329
ひとまず頂上で記念写真を撮って、Stravaの記録を見てみます。
だ、大分頑張りましたが、30分は厳しいですね。

そういえば、佐賀に居たときも似たようなコースがあって、
https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=205b610c597363a03a3073e1e2c9745f
そこでも30分切るようなことやってました。
http://nerune.blog.jp/archives/7458677.html
コースのイメージは、結構似た感じです。あっちも一箇所除いて傾斜が緩く、九十九折れが楽しい感じでした。

ここは、またタイムを短縮するために挑戦に来たいです。
今度は十分一山よりも先に鳩峰峠に挑戦するということで。
あ、下りは皆さん先に降りてもらって、ゆるゆると降りました。転ぶの怖いんで。
通ったコースはこちら(鳩峰峠)。
https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=62ca3d7f4c6235567ba81a38c1bd6c0b
ODO:5977km

  にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村

置賜一周を走る(2)

さて置賜一周、後半戦に入ります。前半とはうって変わって、峠5つとの激闘(死闘)編になります。
セブンイレブンを過ぎ、手ノ子から国道113号線、小国街道を走ります。
この辺りからポツポツだった雨が本降りになり、宇津トンネルを抜ける頃には土砂降りに。
P_20170716_115455
P_20170716_115500
しばらくここで雨宿りしていましたが、ちょっと小降りになったところで再スタート。
桜峠(横川ダム)を目指します。

山道に入り、「これぞ峠道!」という感じの狭い道を登っていきます。
雨は降ったり止んだりなのですが、楽しい!
一旦頂上まで行ったのですが、そこで店長さんに電話が。
なんでもSさんがパンクをしたということでしたので、店長さんと急いで戻ります。
つまりはこの峠のお代わりということで…
チューブを交換、インフレーターで一気に充填で復帰。すぐにみんなに追いつけました。

桜峠は、小国側からはそう登ってなかったのですが、ダムに向かう下りは結構
斜度もきつく、九十九折れも多く、雨の中では気を遣います。もうブレーキの利きが
晴れの日の半分以下になった感じです。 
P_20170716_130309
 ようやく横川ダムに到着。ちょっと休憩です。
晴れたら良い景色なのでしょうが、あいにくの雨でして。

もう少し走るとようやく昼食です。 ほたるという食事処でわたしはカツ丼を食べたのですが、
写真撮りそこなった…いかにお腹が空いていたかが伺えます。
P_20170716_132910

P_20170716_135543
その代わり店長さんが頼んだわらびもちを。うまそー。
この後の行程を話します。どうもこの先の九才峠というところが
一番厳しいらしいのです。
でも小国であっている「きのこサイクリング」「わらびサイクリング」では
そこをタイムトライアルするそうで、何と言って良いのか…

と、いうことで雨も止まないまま、九才峠に向かいます。あと3つ!
341-01
九才峠、最初の勾配はそうでもないのですが、段々とキツくなってきます。
多分これだけを登れ、と言われたら登ると思うのですが、
110kmを走った脚にはキツイ!
さすがに最後はインナーローでヒーヒー言って登ります。
P_20170716_14593211

P_20170716_145935
やっと頂上。皆さんお疲れ様です。

ここを下って、白川温泉、白川荘で休憩です。
P_20170716_152718
P_20170716_152754
ふ、風呂に入りたい。入るとビールを飲んで寝て、終わってしまいそうです。
雨の中をずっと走っているので、もうみんな変なテンションです。むしろ元気。
最後に菅沼峠と、笹峠を走りましたが、最後の笹峠は直線の登りが長く、
その後に一段傾斜がキツイ九十九折れがあったので、心折れちゃいそうですね。
何とか全ての峠で足つき無しで行きました。ヘロヘロでしたが…

ということで、何とか160km走りきり、ロングライドにちょっと自信が付きました。
これまで課題だった部分も少しは改善されました。
・補給のタイミング、70km以降の走り方⇒アミノ酸の補給で持つことが分かりました。
・ポジション⇒今のところ、現状維持が良さそうです
・ 登りのフラフラ⇒ちょ、ちょっとは直ったかな…
また今回も「重いギアで12-3時だけ踏む」という走り方を使って大分ペースが上げられました。

自転車は以下の通り。ジャリジャリになってました。
前後ホイールハブ分解グリスアップ
カセットフリー外し注油
前後ブレーキキャリパー可動部、ブレーキシュー清掃
BB分解清掃グリスアップ(L側ベアリングが死にかけてました)
ヘッドパーツ分解清掃(水が入ってました)
前後ディレイラー清掃(プーリー分解清掃、ドロドロでした。)
フレーム清掃は、外せる部品は全部外して砂を落としました。
ワイヤー関係はまだ錆び、痛みはなかったのでそのままとしました。
リムはチャポンチャポン言ってて、メンテには結局1週間かかりました。

走行距離は160.6km、平均23.6km/h(随分頑張った!)、ネット6hr47minでした。
6時に出て17時に戻ったので、11時間掛かっており、随分休憩していた計算ですが。

通ったコースは以下の通り。
https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=cb84ef7d81b0c59bc4e51b0c143abbd3
ODO: 5949km
 
にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村

置賜一周を走る(1)

7/16(日)、米沢市万世町にあるチャリゾウさんの走行会、
置賜一周(ツール・ド・置賜(オキイチ))に参加してきました。

置賜の八市町(米沢市、高畠町、南陽市、白鷹町、長井市、飯豊町、小国町、川西町)
を巡り、八つの峠を通る全長160kmのロングライドです。

これまで走った中では最長であり、獲得標高も1627m(ルートラボ調べ)と、
走りきる自信はちょっとなかったのですが、自分を試してみたい!
という気持ちが勝ってしまいました。
touge
(ルートラボ地図より転載)

集合は朝の6:00。チャリゾウ前です。まだ涼しいですが、結構明るいですね。
今回店長、Kさん、Sさん、Tさん、Aさんと私の6人で走ります。
ひとしきり挨拶をして、出発です。
face004頑張ります!
P_20170716_054924
ここからすぐ国道13号線に向かい、そのままブドウマツタケラインに。
ここは久しぶりに走ります。朝の空気が心地良いです。

P_20170716_064202
 一つ目の和田峠を越え、Aさんと合流するためセゾンファクトリー前で
一旦停止。ま、まだまだ大丈夫ですよ!

その後ブドウマツタケライン二つ目の峠、奈良坂峠を越えます。
チャリゾウ店長さんは坂でもスピードが落ちないので、段々差が付いてきます。
何とか置いてかれないように必死でついていきます。
この坂そんなにキツかったっけ…?

P_20170716_072746
一旦下って時沢(高畠町)で後続を待ちます。しょっぱなからこんなに飛ばして、
私は持つのでしょうか…ひとまず息を整えます。

その後もしばらくブドウマツタケラインを通り、蛭沢湖を抜けて南陽市へ入ります。
P_20170716_074511
ファミマで休憩します。ここで一旦アミノ酸補給をしておきます。

340-01
 私は元々栄養ドリンクの類に頼りたくないと意地を張って、自分から買って
飲むことはしていなかったのですが、前回の白石城往復の時に初めて買った、
アミノ酸とクエン酸の入ったゼリーが思いの他調子が良かったので、
また試してみました。

今まで80km超えた辺りでバテて来てたので、今回も効いたら本物か!? 

寺坂峠を抜けるとしばらく平坦が続きます。
ここでKさんは用事があって離脱です。お疲れ様です。

川沿いの道を飛ばします。かなり気持ちが良い!
※ルートラボのルートでは国道267号線になってますが、もっと川沿いの道でした
間違っててスミマセン。
P_20170716_091951
P_20170716_091957
白鷹町に到着。荒砥駅の近くです。この辺りで折り返します。
なんか、随分遠いところまで来た~って感じがします。

 またしばらく平坦が続きます。最上川を渡って、今度は南に向かいます。
P_20170716_093810
鮎貝駅に到着。
P_20170716_093817
ついこういうのを撮ってしまいます。絵師さんは誰なんでしょう…

 その後は県道11号線をひたすら走ります。あまりコバンザメもいけないので、
しばらく店長さんを引っ張ります(いっちょ前に!)
平坦なので結構な速度で。だ、大丈夫かな。
P_20170716_102538
T字路に到着。ここで一旦後続を待ちます。ここからは県道10号線になります。

と、ここでスプリントタイム!Sさんにスプリントを仕掛けられます。
後先を考えず私もついていくのですが、
セブンイレブン飯豊椿店手前600mでダウン。く、悔しいけど参りました。
Sさん「スプリントエリアは、最後までペダルを緩めてはダメだよ!」
face005す、スミマセン。もう心臓がバクバク言ってたもので。精進します。
Sさん、グランフォンド飯豊にも出られてたそうです。道理で速いわけです。
今回サポートライダーとして、最後尾で走って下さいました。

DE0k2-kVwAI6YjD (1)
セブンイレブン飯豊椿店で休憩。ゼイゼイ。あ、アミノ酸を補給。
今回二度目のアミノ酸です。き、効く~。軽く食事もしておきます。
ここからはしばらくコンビニがないそうです。

道のりとしては、一応半分は過ぎているのですが、これから待ち構えている
峠の数を考えたら、全然半分という気がしないのです…

後半に続く! 
  にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村
月別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: