ねるねと走ろう!?

山形をメインにロードバイクに乗った記録を書いて(描いて)おります。 乗っている自転車は、実はイオンバイクのmomentum iWant2.4 ロードバイクとしては安くて重い方ですが、頑張って山に登ります。

ロードバイク

白布峠(西吾妻スカイバレー)-桧原湖を往復する2017(2)

脚は微妙に痛かったのですが、下りですのでひとまず楽々!
下りながら写真を撮っていきます。あちこちに雪が見え、
夏の頃からは景色がかなり変わりましたね。
P_20170502_121348
P_20170502_121356
七曲りも、道路でない所は雪がまだ積もってます。遠くに桧原湖が。
 
しかし平坦なところまで行くと、疲れが出てきます。
とても前で引くことが出来ませんでした。
やっぱり行きで無理したのか悪かったか…

最初は威勢良く「猪苗代湖まで行きましょう」なんて言ってましたが、
ちょっとギブアップで、桧原湖一周とさせてもらいました。
P_20170502_130546
Hiroさんは以前参加した「時空の路ヒルクライムin会津」
(http://www.minyu-net.com/event/sports/hillclimb/)
の時に食べた、ソースカツ丼の味が忘れられず、また食べたいと言われていたので、
私も気になって食べることにしました。
face011お腹もすいていたので、やっぱり大盛り!
P_20170502_131827
空腹と、疲れた身体に補給。少し体力回復です。
その後も桧原湖をぐるっと周ります。結構アップダウンがあるんですね。

P_20170502_141734
道の駅 裏磐梯で休憩します。ここはバイクスタンドがあります。
甘いもの大好き。イチゴミックスにしました。

その後桧原湖をもう半周し、スカイバレーが見えるところで撮影。
P_20170502_145208
そろそろ帰りの時間が気になってきます。九州では経験がなかったのですが、
こちらでは、峠は夜間通行規制があって、スカイバレーも17:00で夜間閉鎖に
なってしまいます。

通れなかったら大峠(国道121号線)経由で帰ろうとしておりましたが、
この時間ならまだスカイバレー経由の方が良いという判断になりました。
大峠は距離的にはすごく遠回りで、ここから80kmの行程になるようです。
しかもトンネルがちょっと怖いかな…と思いました。
P_20170502_151615
 ふもとのところで15:15。まだ大丈夫と思ったのですが…

326-01
脚の消耗に加え、ちょっとハンガーノックの状態になり、ペダルが全然回りません。
脚を着くまでにはならないのですが、ペースがどんどん落ちてしまいます。
このままでは17:00にはゲートを通れない!焦りが出てしまいます。
去年はここを歩いたので、今年は歩きたくない!と思い、歯を食いしばります。

こういった時もHiroさんは淡々と登ります。きつそうではありますが、
七曲りに差し掛かったところから、差がついてきます。やっぱりすごいなぁ…
 
もう少しで坂が終わる、という時に一つ思い出しました。
そういえば、 キツイときに一旦フラットペダル面に戻したら、もう少し登れたんだった。
遅い速度ながら、両足をペダルからパキンパキンと外し、フラット面で漕いでみます。
あ、やっぱり少し回せる。ということはクリートの位置が合ってないのかな…

Hiroさんから遅れること10数分、ようやく再び頂上に到着。
さすがにきつかった…しかし、今回は脚を着かなかったですよ…
何とか17:00にも間に合いそうで、Hiroさんからようかんを貰いました。
疲れた身体にしみわたります。
face005Hiroさんありがとうございます!
やっぱり補給は大事!
P_20170502_163546
P_20170502_163552
あとは下りです。体感温度は一桁で足先がジンジンしつつも、ゆっくりと坂を下ります。
それでもゲート到着はあっという間。16:50に白布温泉上のゲートを通過出来ました。

ということで、なんとかスカイバレー越えと桧原湖一周で帰ってきました。
今回は課題が残りました。
1)登りでフラフラして、無駄が多い
2)ポジションが合ってないかもしれない
3)補給のタイミング
4)(以前からでしたが)70kmを越えた後の走り方

これからの練習時も考える必要がありますね。
通ったコースは以下の通りです。距離は105kmでした。
https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=62cafb112c71a42766861a9b0dc52ea8
ODO:5430km
にほんブログ村 自転車ブログへポチっとしてくださると嬉しいです。

白布峠(西吾妻スカイバレー)-桧原湖を往復する2017(1)

西吾妻スカイバレーが4月27日に開通し、ぼちぼちと自転車乗りの方々が
登頂されている様子で、私の参加しているグループ(同じ職場の方と、それを通した集まり)でも、
GWのロングライドは西吾妻スカイバレー越えということになりました。

昨年9月に私も行きましたが(下記リンク:過去ログ参照のこと)、
http://nerune.blog.jp/archives/10568129.html
それよりもレベルアップが出来てれば良いなと思い、今回も参加しました。
P_20170502_085104
予定では3人で行くことになっておりましたが、1人キャンセルの連絡が来たので、
Hiroさんと2人で走ることになりました。近所のコンビニで集合です。
既にHiroさんは片道15km走って来ております。

P_20170502_094234
まだまだ頂上付近は雪は残っているのが見え、夕方17:00以降は通行規制が
掛かっているので、気に掛けつつコースを相談します。
ま、まぁ頂上まで行ってから考えますか!?

P_20170502_102602
白布温泉の途中で軽く休憩し、一番勾配の大きい温泉街を抜けます。
ま、まぁ御成山や十分一山で練習した甲斐はあった…かな?

そしていよいよ冬季閉鎖のゲートを通り、頂上に向かいます。
昨年は、途中で右足が痛くなったり、腰が痛くなったりして辛かったですが、
今回はありませんでした。ビンディングのおかげでしょうか。

P_20170502_110215
 不動滝の前で撮影。ひょっとしたら今回は大峠(国道121号線)経由で
帰ることになるかもしれない、ということでしたので、写真を撮っておきました。
昨年とはだいぶ景色が違ってますね。

P_20170502_110226
振り返るとこんな感じ。まだ雪の壁が残ってます。 

しかし、その後トンネルを通る辺りから、なぜか足が回りません。
疲れたのか、それとも寒さのせいか…これが最後まで文字通り足を引っ張る事に。
P_20170502_113636
何とか頂上に到着。今回は痛いって所はなかったのですが、両太ももの
前側に違和感を感じたまま、揉んだりさすったりして誤魔化しておりました。
一応昨年と同じところで撮影。

P_20170502_114135
ここも昨年9月に登った時とはだいぶ景色が違ってますね。
登るのに汗をかいて、頂上の気温は一桁~10℃台なので、身体が冷え切って
しまいます。汗はすぐにタオルで拭き取ります。本当は着替えたいところです。

P_20170502_120302
もうちょっと行って、桧原湖が見える景色の良いところで撮影。
ここまではHiroさんに遅れず(一瞬前にも出れたのですが!)、
良いペースで走れてたと思っていたのです。
325-01
face008この時点で当の本人は、脚が終わっている事に、
あまり気づいていなかったらしい…帰りの事とか考えないから。

またいつものようにピンチのまま、次回に続く…
にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。

朝練で再び十分一山に登る!

また次の週も十分一山に登りました。
今回は同じ職場の方と、それを通した集まりでの朝練です。
話の流れから、また十分一山に登ることになりました。
今回も朝練なので、朝5時に家を出ました。日の出がまぶしいです。
P_20170430_050235
 と、調子よく向かっていたのですが、ここで痛恨のミスコース(迷子)!
 なぜか南陽市役所に着いてしまい、ハイジアパークにたどり着けません。
連絡をして、ハイジアパーク行きを中止し、国道13号から登ります。
それでも5分位遅刻してしまいました。す、スミマセン・・・

P_20170430_061512
この看板の場所で待ち合わせでしたが、そこには今日一緒に走る、
Kさん一人が居て、「みんなまだ来ないね~」としばらく待っていたのですが、
そのうち連絡が。もうみんな頂上に居るとの事、慌てて上に登ります。

二回目なので、コツが分かっているとはいえ、やはりこの勾配はキツイ・・・
P_20170430_065234
 P_20170430_065240
頂上で、先行した3人と合流し、5人になりました。

何と先に一本登って、揃う前にもう一本行くつもりだったそうで。参りました・・・
(結局二本は登りませんでした。ホッ・・・)
今日初めてお会いする、KさんとKさん(ややこしい)。
324-02
今日の集まりは、元々は全員別のスポーツ(マラソン、陸上など)をされている中の
自転車なので、みんなアスリート、ガッチリと良い身体してます。
私だけ貧弱体型です・・・
 P_20170430_064938
やっぱり頂上は良い景色。登った後のご褒美ですね。
(下りはブレーキがキツイのであまりご褒美ではないです)
 
今日は解散が早く、十分一山に登るのみで別れ、Kさん(右側のかた)と
蛭沢湖~ブドウマツタケライン経由で帰りました。
鳩峰峠は、まだ通行止めのようでした。

久しぶりのブドウマツタケラインは、登りの距離が長かったですねぇ・・・
P_20170430_073526

距離は64km、今回は迷ったので結構怪しいですが、通ったコースは以下の通りです。
https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=ea87b58003fdf16e9ea5d760327d7390
ODO:5325km

にほんブログ村 自転車ブログへポチっとしてくださると嬉しいです。

十分一山(南陽スカイパーク)に登る!(2)

そして、いよいよ本日のメインディッシュ、十分一山です。
もう何が十分一なのか分からない位、出だしから心を折りに来ます。
佐賀センチュリーランでいうと、エイド直後の登りな感じでしょうか。
 P_20170423_064255
えーん、待って・・・(本日二回目)
ら・るーさんが一番最初に登っていきます。そしてなおえもんさん、D5さんと登ります。
私ものんびりしてられない・・・

しっかし、この写真の箇所はまだ序の口。曲がった先からだんだんと勾配が厳しくなります。
結構九十九折になっていて、所々で勾配が緩いところがあるので、休み休み登っていきます。
な、何とか途中で ら・るーさん、D5さんに追いつきます。ところが・・・
 face012ま、またアウターで登ってる!!
さすがにしんどいので、インナーに切り替えるそうで、その脇をすり抜けていきます。
い、今のうちに・・・

しかし、なおえもんさんはまだ見えません。どれだけ先行していったのか、差が開いているのか
縮まっているのかも分かりません。2~3個カーブを曲がった先、見える範囲には居ないようです。

とかなんとかしているうちに、ようやく頂上のハングライダー離陸地点まで到着。
「おーい!」と声を掛けると、向こうからなおえもんさんが。写真を撮っていたようです。
余裕の一番乗り。
P_20170423_070423

その後D5さんもゴール。しかし・・・
img1493209778218
 アウターのまま登ってきてる!
 321-01
ちょっとFDの調子が悪かったらしく、途中でインナーにしようとするも、
チェーンが外れてしまい、そのままアウターで登ったとの事。
いや、この勾配を(GARMINで20%オーバーあったそうで)、
アウターでは登れませんって・・・優勝決定!!

すこし遅れてら・るーさんもゴール。坂は苦手だそうですが、
それでもみんなこの山登って来られるんですね~

頂上には自動販売機がありました。冷たい飲み物しかなかったですが、
疲れた身体にしみわたる~
P_20170423_071137
P_20170423_071145
パラグライダーの方がテイクオフしていきます。
わたしゃ絶対出来ない!その坂の先は、崖になってるらしいのですが
お約束のように見にいけませんでした。
 
さて、時間ももう少しあることですし、山を降りて、もうひとっ走りしますか!?
にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。

十分一山(南陽スカイパーク)に登る!(1)

蔵王ヒルクライムがそろそろ・・・あ、この出だしは前にも使いましたのでナシ。
朝練を今週もやってみました。

FUNRIDEの記事「みちのくおとぎ街道ライドでご当地麺を食べつくせ!【前編】」
(http://funride.jp/pr/gurumen01/) で、近くの十分一山(南陽スカイパーク)が書かれており、
しかも20%越えの激坂との事。

これはまたネタのために行ってみないと!と思い、twitterてつぶやいたところ、
「山形激坂緩走会」の方も週末登られるという事で、御一緒させてもらいました。

「豪脚」だの「置いてかれる」だの色々言われておりましたが、
私は試験勉強の前の日の「勉強してないよー」という類のブラフと思ってましたので、
どんな方が来られるか、ドキドキしてました。
と、とりあえず置いてけぼりになって、ガッカリさせないようにしなくては・・・

まずは新入りは一番乗りで集合場所に。この日は消防隊の訓練で、朝早くから
コンビニの駐車場には大勢集まっていました。お疲れ様です!訓練頑張って下さい!
 P_20170423_044930

普段はなかなか見られない日の出の瞬間もパチリ。
P_20170423_050759
実は前日興奮してあまり寝てなかったりして。結構寒いです。ブルブル。
face008遠足前日の小学生かいな・・・

そうこうしているうちに、一緒に走ってくださる方の一人、なおえもんさん登場。
どうも話題にギャップがなかったので、もしやと思ってましたが、ほぼ同い年ということが判明。
ANCHOR大好き、ピンク大好き、そして足もピンクの靴下(シューズカバー)とお茶目です。
320-01
 しばらく一緒に走り(というか、前を走ってもらい、楽々・・・)、
第二の集合場所に移動します。
そこでD5さんと、ら•るーさんと集合し、いよいよ第一目標、南陽ハイジアパークに向かいます。
(お二人の紹介は、次回以降の予定。お楽しみに!)
P_20170423_062551
記念写真を撮っていると、なおえもんさんと、ら・るーさんはもう先に。えーん!待ってよー!

ということで、D5さんと二人で追いかけます。ここも結構な斜度あるのですが、
まぁこんなものかな・・・って、
face012えー!?ここアウター縛りなの!?
 
D5さん曰く、「こういう所をアウターで登っておくと、あと本番の時に楽って感じるから」
とのことでした。
佐賀でもやってる人見てたので(自分は出来なかったですが)、
まぁそういう練習もあるのかとは思ってましたが・・・

ま、まぁ私もアウターで登りますけど・・・(実はここでだいぶ足消耗してたりして)
ということでエッチラオッチラ登っているところに、イラストの「バビューン!」ですよ。
face012えー!?この坂で、アウターで、その速度が出る!?
いやもう、何も信じられません。後の事を考えないで追いかけます。
しかし出遅れてしまっては、そうそう追いつけるものではありません。
「坂苦手」ってウソでしょう・・・
P_20170423_063526
ということで、ちょっと下りの広くなったところでパチリ。白竜湖が良く見えます。
でもメインディッシュはここじゃないんですけどね・・・
 
 坂を下って、国道13号線を横切り、十分一山(南陽スカイパーク)入り口に向かいます。
この山、激坂を制するのは誰か!?
P_20170423_064255
 次回に続く!

face009写真撮ってる場合じゃないと思うけど?
  にほんブログ村 自転車ブログへポチッとして下さると嬉しいです。

朝練でまた御成山へ行く

蔵王ヒルクライムがそろそろ近くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。
日曜日に朝練をしようとお声が掛かり、早朝家族が寝ている時間にむっくり起きだして、
ロードを引っ張り出してきました。

今回は久しぶりに人と一緒に走れるのと、ビンディングシューズの補修
http://nerune.blog.jp/archives/19846149.html
とペダルの踏み面改善(次回レポートします)の効果を試す事が目的です。

ということで、家を朝5:00に出て、自転車道路を通り、待ち合わせ場所の高畠ワイナリーまで急ぎます。
P_20170416_052421
 早朝の自転車道路はまだちょっと寒いですが、日の出の景色とあいまって、走るのはすごく良い気持ち!
ちょっと向かい風ですが、頑張って走ります。

何とか時間前に高畠ワイナリーへ到着。揃うまで休憩です。
P_20170416_055309
 P_20170416_055318
今日はツール・ド・ラ・フランスの時に一緒に走った、Hiroさんと走ります。
http://nerune.blog.jp/archives/13171696.html
今年会うのは初めてです。Hiroさんは、私の御成山レポートを見てちょっと登ってみたかったらしく、
 まずは御成山に向かうことにしました。
しゃべりながら走ると、あっという間に到着です。登る前に記念写真。
P_20170416_070159
 
こ、こっちの方が良い感じかな?(早く登れ!) 
P_20170416_070215
 さっそく二人で登りますが、Hiroさん、早い、早いよ!
私の思っていたペースよりずっと速かったので、ちょっと置いてかれそうになりながら、
ついていきます。でも勾配はこれからなんですけどね・・・

ここは一度登ったことがある私に一日の長があるので、勾配の、厳しいところで
一気に、追い、つき、そして・・・
face012あ、あれ?この胸にこみ上げるものはなんでしょう ・・・
もしかしてさっき補給のために食べたパンか!?ウップ。
face009普通に朝食もどんぶり飯を食べて来ているので、
補給は不要です。
要は食べ過ぎってことかな?
318-01
追いかけようとしてペースを上げるも、これ以上ケイデンスを上げるとリバースが。
食べた後にヒルクライムはするもんではないですね。いや、登る直前に食べるのが悪いのか。
face007普通に食べ過ぎです
Hiroさんは逆に朝食前に16%の坂を登っているので、それはそれでキツそうでした。
P_20170416_071419
ということで、なんとかゴール。しばらく第二展望台で休憩して、
そこで軽キャンパーで泊まっていた人と少し話してから、前回雪のあったところまで登りました。

結構雪は後退していましたが、やはり砂利道なので先には進めず、下って小野川温泉まで
行ってみることにしました。ちょっと行くと足湯があるらしいので、そこに行ってみました。
P_20170416_081938
足湯に浸かると、疲労回復も早いので、おもむろに浸かってみましたが・・・
上のイラストの通り、メチャメチャ熱いのです。とても入れない!
周りを見回すと、「熱いときはバルブを回すと水が出ます」というバルブがあったのですが、
どうも壊れているらしく、一向に水が出ません。
足の皮の厚いところだけチャプチャプと熱湯に漬けて、しばらく休憩です。
でも時々足の甲側に熱湯が付いて
face012アッチー!!
となってしまうわけです。このお湯、一体何度なのでしょう。私は猫舌ならぬ猫足
(車の足まわりではないです)で
無理でしたが。
 
休憩も終わり、結構良い時間になったので、これで朝練は終わり。
Hiroさんと別れて自宅に戻ります。それでも一日が有効に使えるので、
週末は朝練が出来ると良いなぁ。

通ったコースは以下の通り。43km位でした。
https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=25153a3d5c679bca86ba31e3cf09bd46

ODO:5195km
  にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。

カセットフリーを外してみる

そろそろ雪もとけて、シーズンイン(シーズンオフ!?)となっている今日この頃
と、思いきや、まさかの積雪となっている山形南部ですが、いかがお過ごしでしょうか。

久しぶりの自転車ネタ、でも乗れないのでメンテネタを一つ。
昨年の乗り納めの時に気になっていた、カセットフリーからのジャリジャリ音
(正確には、「ジー」という感じの音)をなくそうと、 とうとうばらしてみました。
P_20170307_225554
こんなこともあろうかと、佐賀の時から買っていた10mmのアーレンキー(もはや六角レンチ)を使って、
WH-RS10の(旧型10速用ホイールです)リアをバラします。
P_20170307_210037
クイックを外して、シャフトを取って、玉を取って、は過去の記事を参照下さい。
今回写真省略で、(撮り忘れたとも言います) 取った後にアーレンキーを突っ込みます。
311-01
 か、固い・・・固いとやっぱり腰が引けてしまいますね。ガキっと行ってしまうと怖いです。
軍手必須です。また今日も寝巻きで平日作業・・・

こわごわやっても、いつまでも取れないので、逆ネジでないことを再度確認して、思い切って。
(今回、kinoさんの「シマノ TIAGRA フリーハブ 分解整備」の記事を参考にしました)
P_20170307_210544
face005ふぅ。やっと取れた。
外すとやはり砂が入っていたのか、黒くジャリジャリとなってました。
きれいに拭いて、さらに中のスペーサー状のものも外します。
P_20170307_210754
外して掃除をすると、こんな感じです。再度グリスをつけて取り付けます。
カセットフリーの本体をばらすことは出来ませんでした。本当はそこまで
やってみたいのですが、これ、どうやってばらすんでしょう??

まぁジャリジャリ音はなくなりましたし、玉当たりも少し緩めてスムーズに
回転するようになりました。これで新年初ライドを迎えられます。
久しぶりに、自転車に乗りたいなぁ。あとは靴の補修ですかね。
 にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。

日本の蔵王ヒルクライム・エコ2017にエントリー!

久しぶりの自転車ネタ!「日本の蔵王ヒルクライム・エコ2017」にエントリーしました。

今日受け付け開始ということを、昨日知りましたので慌ててエントリーしました。
HPの方を見ても良く分からなかったので、直で電話して正解でした。
今だと「日本の蔵王ヒルクライム・エコ2017実行委員会」で検索すると出ますか・・・
300-01
ひとまずいつものように0:00まで待機、エントリーして何とか受け付け出来ました。
こ、このイベントもすぐ埋まっちゃうのでしょうか・・・?

face007果たして、登りきれるのか!?またまたピンチではないのか!?

face001と、ともかくこれでいよいよ2017年も始まりですね。練習しなくちゃ!

  にほんブログ村 自転車ブログへポチっとしてくださると嬉しいです。
月別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: