ねるねと走ろう!?

山形をメインにロードバイクに乗った記録を書いて(描いて)おります。 乗っている自転車は、実はイオンバイクのmomentum iWant2.4 ロードバイクとしては安くて重い方ですが、頑張って山に登ります。

自転車

SPDシューズの補修(その2)、PD-A530玉押し調整

今回はSPDシューズの補修の続きと、PD-A530の踏み面改善、玉押し調整の話です。
※今回は特に補修の厳しい部分があるので、いつもながら自己責任にてお願いします。

SPDシューズの補修の続きで、「点で踏んでいる」という感覚のSPDペダル、
PD-A530の踏み面を、1平方cmでも広く出来ないかとあがいてみました。
 P_20170420_143554
まずはこんな感じ。PD-A530のクリート外側、無改造ですと外側は1cm角の
金属の出っ張りがシューズに当たる程度しかないため、凹んだところを埋めるように
前回紹介したシューズドクターNでならしていきます。
失敗はゆるされないので、少しずつ盛ってはならし、を繰り返します。
ま、まぁ盛り過ぎたらカッターで削れば良いかな・・・

今度は、シューズ側も盛っていきます。本来クリートとソールの隙間になっている場所ですが、
ペダルの金属部分、および当たり面を広げた箇所に、面で当たるようにこちらも埋めていきます。
P_20170420_143622
クリートを回り込むように、ギリギリまでシューズドクターを盛っていきます。
 P_20170324_233034
ノーマルがこうだったので、クリート外側はだいぶ埋まってますね。
P_20170420_143634
反対側もこんな感じ。ペダル側もシューズ側も、盛り過ぎるとクリートが
はまらなくなるので、試行錯誤を繰り返します。
P_20170420_215316
結果はこんな感じ。前回の御成山クライムの時でも、点で踏んでいる感じから、
少しは面で踏んでいる感じになりました。
一週間位すると結構硬くはなるのですが、耐久性がどの位か、
今後見ていく必要があります。

また、少し軸にガタが出ていたペダル(PD-A530)の玉押し調整も行います。
ペダル軸外し治具(TL-PD40)を使って、ペダル軸を外していきます。
モンキーも持っていたのですが、幅が2mm程足りず、プライヤーを使って外しました。
おかげで治具は傷だらけ。
P_20170407_201525

事前の調査で、ボールが非常に小さく、なくしやすいとの事なので、
念のためトレーと、ボロ布を敷いて作業を行います。
 P_20170407_201544
ペダル軸を外した状態。グリスは一旦全部拭き取って、手持ちの
ウレアグリスを詰めていきます。

ダブルナットを外さないとならないのですが、ケチなので出来るだけ100均の工具を使って、
そうでないものはアストロプロダクツ頼りです。
P_20170407_201618
7mmは左のソケットレンチ、10mmは真ん中の薄型スパナ、15mmはアストロの15mmレンチを
使いました。真ん中の薄型スパナがヤワなので注意して使いました。
P_20170407_203104
 玉押し調整は、ホイールのときと同様、ペダル軸を立てた状態で15mmのレンチを足で押さえ、
10mmと7mmを両手で持って、慎重に締めていきます。
中古のためか、玉押しをスルスルにすると、クランクにはめた時にガタが出てしまうので、
少しコリコリする程度に締めました。今回この調整が難しく、クランクにはめてからガタをみて、
また外して調整して・・・を繰り返したのでかなり時間が掛かりました。治具も傷だらけ。

まぁでも一応、ガタもなくなったし、ペダルを回すと決まった場所で止まるので、
クリートキャッチは大丈夫かな?
319-01

  にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。

ツール・ド・さくらんぼにエントリーする!

今日の朝8:45からパソコンの前でスタンバイして、辛うじてエントリー出来ました。
正直かなりギリギリで焦りました。まさか開始数分で締め切りになってしまうとは・・・

エントリーした後に、エントリー画面を再度見たら、すでに100kmの方は締め切り、
そして、それをツイートしたらもう120kmも締め切り。
本当にタッチの差で、入力ミスしていたら、終わっていた所でした。
久々に脇の下にじっとりとイヤな汗をかくエントリーでした。
当日御一緒される方、よろしくお願いします。120kmの方にエントリーです。

今日は手描きのスキャナ取り込み。こっちの方が早いかも。
(でも恐怖の一発描きになっちゃいますが)
EPSON001-1
 この日はその後、山形市まで家族で行き、熊谷自転車に行った後、
ちょっとお店の方と話して物色して帰りました。
ホイールとシューズのカタログを貰いました。ありがとうございます。 

  にほんブログ村 自転車ブログへポチっとしてくださると嬉しいです。

SPDシューズのソールを補修する、他(その1)

先週走った時、シューズをクリートにはめたときのガタ付きと、
平らなところでクリートがカツカツと地面に当たるのがどうにも気になってまして、
シューズの底部を補修してみました。

(2017.3.29 ようやく見つけて追記)
今回参考にしたのは、shunさんの「気ままにチャリンコライフ」
(http://www.synapse.ne.jp/~s-hara/velo/index.html)
の「ヘルメット、ウェア」のページ、「SPDシューズ底面のかさ上げ 2015年10月31日」です。
同じSH-MT31を使って、補修をされてました。
http://www.synapse.ne.jp/~s-hara/velo/velo_wear1.html
作者のshunさんから、1年半位経っているのですが、剥がれも欠けもないとのコメントがありました。
これは嬉しい情報です!

補修には他のブログでもよく書かれていた、シューズドクターNを使ってみました。
P_20170324_233046

P_20170324_233034
まずは水洗い、その後パーツクリーナーで底部をきれいにします。

何も考えずにヘラに取っては塗っていきます。底部なので、出来栄えは
あまり気にしてないです。ただしペダルが当たるところは慎重に。

P_20170325_004058
ということで、出来上がり。あまり格好良くないかも。
手先の器用さが出来栄えにもろに影響します。うーん。
 P_20170325_004103
P_20170325_004105
あ、歩いているうちに平らになるかな・・・

face007今日はイラストなしかいな!?
face005い、いやー、こんなんでどうでしょうか。最近大ハマリしているので。
いよいよ来週最終回!かばんちゃんは一体、そしてジャパリパークはどうなってしまうのでしょうか!?
(絵が色々間違ってたらゴメンナサイ)
315-01

face008自転車全然関係ないやん・・・

  にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。

自転車再開!?蛭沢湖まで行ってくる(3/20)

三連休の初日は天元台でしたが、最終日の午後に時間が取れ、天気も良かったので
久しぶりに自転車を再開しました。どれだけ乗れるかな・・・
大慌てでチェーンとリムを掃除して、行き先を決めずに出かけます。山の方はまだ雪があるだろうなぁ。 

とりあえず13号線を北上します。そういえば、この道を通るのは初めてです。
平坦だったせいもあって、意外に身体は軽い!?これなら行けるか?とオーバー30km/hペースで走るも・・・

5分と経たずに息切れ。やっぱ昼休みのエアロバイクだけではダメかー。 
とりあえず高畠の湯るっとのところまで行って、和田川に沿って、東に向かいます。
そうだ、この間は途中だった、まほろばの緑道(置賜自転車道)の先まで行ってみようっと。

P_20170320_141124
 旧高畠駅まで来てみました。ここは前は行ってなかったです。火野正平さんの「こころ旅」でも、
ここが映ってたですね。 
P_20170320_141129
しかし、この先はまだ雪があり、行き止まり状態だったので、ちょうどここで遊んでいた小学生に道を訊いて、
蛭沢湖まで行ってみることにしました。

P_20170320_143828
 この間行けなかった道の駅高畠、その向かいの三重の塔(安津久八幡神社)が見えます。
あとちょっと。

途中で自転車道の方を通ってしまったのですが、ここはまだ雪がいっぱいだったので、
ブドウマツタケラインの方からゆるゆる登ります。
314-01
蛭沢湖到着。やっぱり自転車に乗らないと、身体はなまりますね。
ということでこの勢いで七ヶ宿へ!と思いましたが、田沢トンネルの手前で寒くなって断念。
そのまま家へ帰りました。

通った道は以下の通り。50kmちょっとでした。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=e13f980461e361a8575146cb11395b77
ODO:5151km 

  にほんブログ村 自転車ブログへポチッとしてくださると嬉しいです。
月別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: